SPI非言語対策(集合)~排他的論理和~

スポンサーリンク

排他的論理和

排他的論理和を扱う問題です。難しい名前ですが、要するにダブっていない場所だけを求める問題です。ベン図やカルノー図を使うとあっという間に解けてしまいます。

例題1

問題1

とあるゲーム会社P社はソフトS及びMを発売した。このソフトS、Mそれぞれについて、「価格」と「内容」がそれぞれ満足か不満足かのアンケートを\(500\)人を対象に行ったところ、結果は下表の通りとなった。

項目 満足 不満足
S 価格 350 150
内容 400 100
M 価格 300 200
内容 450 50

「価格」について、ソフトSもソフトMも不満足と答えた人が\(100\)人いた。このとき、ソフトSかソフトMのいずれか一方だけ「価格」が満足と答えた人は何人いるか。



解説(クリックで展開)

解答(クリックで展開)

ADVICE

問題のように、どちらか片一方のみに属している集合のことを、排他的論理和(XOR)と呼びます。

この考え方はSPIの試験だけでなく、あらゆる場面(電子回路やエクセル等)で使うので、是非覚えておきましょう。

SPI対策アプリが登場!無料で学習できるので試してみてください!

SPI問題・面接対策-Start就活
SPI問題・面接対策-Start就活
開発元:IKT HOLDINGS INC.
無料
posted withアプリーチ

スポンサーリンク