[ブルーベリー]甘みはラビットアイ系No.1!?・フェスティバル

スポンサーリンク

フェスティバルはラビットアイの中で最も甘いのではないかと言われるほど甘味が強く、飼育難易度も高くないため初心者にも人気のある種です。

果実の大きさも中~大で食べ応えもあります。。

フェスティバルの特徴

フェスティバルは樹勢が強く、収穫量も多く、土壌適応性も広いので育てやすいのではないでしょうか

名称 フェスティバル
品種 ラビットアイ
樹高 2m
収穫期 7月下旬~8月上旬頃
甘さ ★★★★★
飼育難易度 ★★☆☆☆
入手難易度 ★★★☆☆

良い点

  • 甘味が強い
  • 収穫量が多い
  • 育てやすい

悪い点

  • 樹勢が強いため場所が必要
  • 人気が高く、ショップで品切れの場合も多い

栽培方法

水はけ、日当たりが良い場所で酸性の土壌を選んで植えましょう。

適応する土壌のpHは広く対応しますが、可能であればブルーベリー用のピートモスとバーミキュライトを8:2位の割合で混ぜたものがおすすめです。

肥料は1年の間で、これから実をつけるためにエネルギーが必要な3月、収穫が終わり、樹が疲弊している9月、冬越の為にエネルギーを蓄える必要がある12月の計3回与えましょう。

苗の購入先

フェスティバルの苗をオンラインショップで買う場合は、花ひろばオンラインがオススメです。

こちらのショップはアフターケアも良く、レビュー欄も高評価が多いです。

近隣のホームセンターでもたまに売っている事があるので、覗いてみて在庫があればホームセンターで購入しましょう。ネットショップで購入するより送料を抑えられるため安く入手できます。

注意点

ラビットアイ系のブルーベリーは2本以上同じ系統(ラビットアイ)を隣接して育成しないと結実しないので、同時に植える樹は7月~8月に収穫できるラビットアイが相性が良いです。

また、ブルーベリーは葉にイラガの幼虫が、根にはコガネムシがつくことがあります。

イラガは葉を食害するだけでなく、刺されると痛みが残るため見つけ次第捕殺しましょう。

コガネムシは根を食い荒らし、それが原因で樹が枯れてしまう可能性もあるため、届いた際や植え替えの際は根に虫がいないか十分注意しましょう。

最後に

今回はラビットアイの中でも1~2の甘さを誇るフェスティバルの紹介になりました。

飼育難易度も高くなく、収穫量も多いので甘い方が好きな方は飼育してみても良いのではないでしょうか。

甘みが強いので生食やジャムに加え、ジュースにしてもおいしくいただけます。

スポンサーリンク

投稿者: TS

ゲームと数学のことを主に書いてます! アドバイスやご指摘があれば是非お願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA