未経験で異業種のIT企業からSEの内定を貰えた方法

スポンサーリンク
よく異業種への転職は難しいと言われます。

私も以前、システムエンジニアになりたくていくつかの大手転職サイトに登録したのですが、エージェントとの面談で必ず

「未経験からは厳しい」

と言われ悶々とした日々を過ごしていました。

実際に無理を承知で何度か応募して見たのですが、結果はほぼ全てが書類落ち。やっと面接に漕ぎつけたとしても、経験が無いからという理由でなかなか合格には至りませんでした。

それでも折れずに転職活動を続けたところ、ある一社から内定をいただけたので、今回は未経験の職種に挑戦したい方に向けて、内定までの過程を書いてみようと思います。

準備

冒頭でも触れたように、異業種への転職は長丁場になると思います。

実際私も転職したいと思い始めてから実際に内定が出るまでに1年近くかかりました。

ただ、その1年の間もただぼーっとしていたわけでなく、色々試行錯誤しており、その結果が内定に繋がったと思うのでもうちょっとkwsk掘り下げて書きなぐります。

希望の業種の研究を徹底的にした

まずはその業種の研究はしておいて良かったなと思いました。

ネットで異業種に転職した方の体験談を見ていると、内定こそ得られたものの、入社後理想と違ったということですぐに辞めてしまう方もいらっしゃったので、同じように負のループには落ちたくなかったというのが本音になります。

他にも、未経験でも歓迎されやすい職種を探せたり、年収や、平均年齢等、仕事選びの軸を作れたりといった点でもやっておいて損はなかったかなと思います。

各業種に関するザックリとしたデータはDODAのページが見やすくて勉強になりました。

異業種転職を受け入れる可能性の高い業種は?
転職市場が活発化し、異業種への転職可能性も高まっています。どの業種が、異業種からの転職者を受け入れているのか、実際にDODAで転職をした方のデータをもとに明らかにしていきます。

何故その業種が良いのか考えた

異業種の研究をするとその業種の良い点、悪い点が見えてきます。

研究が進むとその業種の仕事が本当にやりたいことなのか、続くのかと言った判断材料になります。

転職をする方の中には今の仕事が嫌で仕方なく、「逃げ」の姿勢で転職した方も実際に知り合いにいらっしゃいました。

もちろん、逃げも時には大事ですが、何も考えずに転職すると転職先でも同じ目にあってしまう可能性が高いので、出来れば今の業種が嫌だからと言った「逃げ」よりも、この業種でどうしてもこれがしたい!と言った「攻め」の姿勢で臨みたいものです。

加えて、未経験の転職ではほぼ100%志望動機が聞かれるので、そこを固めるといった点でもまとめておくべきでしょう。

未経験では資格は大事

未経験では特に資格の勉強をしておいて良かったなと思えました。

資格の勉強は経験がなくても参考書さえあれば手をつけることが出来ますし、たとえ合格してなくてもその業種の知識を主体的に勉強しているといった情熱を示すことが出来ます。

また、資格は学校までの勉強と違い、業務にそのまま直結する知識なので職についた後も活かせます。

IT系なら国家資格でもある情報処理技術者試験はとっておいて損はありません。

未経験でも就職するには

未経験から就職するには何より行動することが大切だと思いました。

決めたら早く行動に移そう

実際に転職活動中にエージェントの方から言われたのですが、未経験の職種なら早ければ早い(年齢が若いということ)方が断然有利とのことでした。

未経験でも転職できるボーダーラインが25歳だそうで、それ以降はあらゆる点で不利になるそう。

思い立ったら極力早く行動に移したほうが良いですね。

転職エージェントの選び方

転職エージェントですが、大手の転職エージェントも登録しておいて損はないと思います。

しかし、未経験の立場では小規模でも業種ごとに特化したエージェントを選んだ方が内定が出やすいです。(私も特化エージェントを頼りました)

理由としては大手エージェントでは大量の案件に対して大量の求職者がいるため、一人ひとりの対応が疎かになりがちです。一方、小規模の特化エージェントは案件も求職者も絞られているため、ある程度求職者側の細かい希望を聞いてもらえる余地があるそうです。

実際私も大手エージェントに登録した時は初めの面談までに1ヶ月ほどかかり、面談も「厳しい」だの「無理」だのの返事が多く、その後も案件は機械的にメールで送られてくる程度(しかも要望とぜんぜん違うw)でした。しかし、特化型エージェントでは登録した翌日に電話を頂き、その後も面接の段取りや入社試験(SPI)の対策等、かなり手厚いサポートをしていただけました。

ちなみにIT業界特化になりますが、私はレバレジーズに御世話になりました。

面接時の注意点

未経験で会社を受けようとすると、十中八九志望理由を聞かれます。

準備編でも書いたように、しっかりと業種の研究をした上でどうしてその業種なのか熱意を持って伝えるべきです!

そのほかにもポイントはありますが、それは転職特化のページにほぼ書かれていることなのでそちらをご参照ください。

異業種や未経験業界に転職希望の方への質問 | 面接対策
異業種や未経験業界に転職希望の方への質問とプロの回答をご紹介。想定問答から、採用担当者の質問の意図と回答例や、面接時のマナーなども学べる面接対策の決定版。

最後に

今回は未経験で内定を得るまでにしたプロセスをざっと書いてみました。

何より大きかったのはエージェント選びだったように感じます。

私の場合はIT企業のシステムエンジニアで探しましたが、他の業種、職種でも特化したエージェントはあるはずなので、自分にあった特化型エージェントを探してみてください。

それでは!

スポンサーリンク

投稿者: TS

ゲームと数学のことを主に書いてます! アドバイスやご指摘があれば是非お願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA