2ヵ月で体重を15kg落とした話

スポンサーリンク
今日は大学生の頃に無理なダイエットをして、結果救急車で運ばれたお話でもしようかなと思いますw

ダイエットに至った経緯

当時私は大学2年生で、学生生活にも慣れて生活が堕落しきっていました。

寝る時間も明け方で食事の時間もバラバラ。

そんな生活を続けたのち半年ぶりくらいに実家に帰省したところ、家族から「かなり太ったなw」と。

帰るまで太ったと言う自覚は無かったのですが、鏡を見てみるとそこにはドラ〇もんのような哀れな自分の姿が映し出されていました。

体重も測ったところ過去最高で、これはまずいと思い一気に減量に踏み切ったわけですよ。

ダイエットの内容

ここに書く内容は実際に2ヵ月で15kg落とした時にやっていたダイエット法です。

一つ目と三つ目は我ながら良いダイエット法だと思います。

しかし二つ目は生命にかかわります。これだけは絶対に真似しないでください!!!

毎日大学の外周を走る

まずは有酸素運動の中でも最もダイエットに効果のあるとされているランニングを始めてみました。

目標としては1日1周大学の周りを完走すると言った内容です。

私の母校は日本で一番広い大学(外周約7km)だったらしく、最初の頃は2時間程かかっていました。

サボることなく毎日続け、2ヵ月目には30分前後で走り切れるまでになっていたので継続って大事だなと思いました、まる

続けるモチベーションとして、以下で紹介するスポーツウォッチがかなり助けになりました。

腕時計のように腕につけて走るだけで走行時間や走行距離、消費カロリーを簡単に計算してくれたので自分の運動量を可視化できて大変役に立ちました。

食事は1日1回

多分これが一番やってはいけなかったことでしょう。

朝はもともと遅起きだったので食べない習慣でしたが、寝る前も「どうせ寝てる間からだ動かさないし食う必要なくね?」と考え夕食も省くようになりました。

結果は目に見えて体重が減っていきましたが、痩せるというよりやつれると言った表現の方が正しかったでしょう。

発汗効果のある薬湯で長風呂

これも単独でやるならかなりオススメです。

私が使っていた入浴剤は「激感 汗流風呂」で、トウガラシ成分を含んでおり入浴後数分で体の芯から温まり汗が吹き出しました。

ぬるま湯で4~50分程入っていると1回で大体数百g程落ちていましたw

ただ、あまり長く入りすぎると脱水症状の危険性が、また、体質によってトウガラシによる肌荒れを起こす事もあるそうなのでご注意を!

生まれて初めての救急車

上記のようなダイエットを続け、体重は日に日に落ち、最終的には大学入学時よりもはるかに軽い体重になっていました。

途中からは減っていく体重を見て楽しくなってしまい、目的が当初の、「元の体重に戻すこと」から、「どこまで落とせるか」に変わってしまっていたんですよね。

そんな無理なダイエットを続けていたわけですから体も無事なわけがなく、ある講義の最中に急に視界が暗転しぶっ倒れてしまいましたw

気が付くと救急車に乗っており、身体検査の為の採血をしようにも腕の血管が細くなりすぎていて針がうまく刺さらず、数回刺された痛みで目が覚めるという事態に・・・。

食事制限が祟ったらしく、医師からは命の危険性があったとこっぴどく怒られたのを今でも覚えています。

最後に言いたいこと

結局何が言いたかったかというと、短い時間で結果を出そうとするとなかなかうまくいかないと言うことです。

火山のマグマからできる火成岩も、急に冷えると石基の混じった荒い斑状組織に、時間をかけてゆっくり固めると綺麗な等粒状組織になりますしね。

ダイエットしかり、学業しかり、サイトしかり。

結果を出したい時はスタートから飛ばすのではなく、出来る範囲で無理なく続けることが大事だと感じた大学2年の秋の話でした。

ローマは一日にして成らず

ではではっ!

 

スポンサーリンク

投稿者: TS

ゲームと数学のことを主に書いてます! アドバイスやご指摘があれば是非お願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA