SEOにも悪影響!?「ブロックされたリソース」の警告は無視するな!

スポンサーリンク
今回はgoogle search consoleの指標の一つ、「ブロックされたリソース」に関するお話しです。

警告への気付き

ここ1~2ヶ月ほど、平均1日1記事ペースで記事を更新しているにも関わらずサイトへのアクセス数が右肩下がりになっており、google search console上の検索順位も右肩下がりになっていました。

最初は原因を、「競合が多いMHWの記事ばかり書いているからだろう」程度に思っていたのですが、よくよく見てみると他の記事も順位が下がっており、間抜けな私でも流石におかしいと思い調査することに。

そんな中、search console上でおかしいところがないか見ていると、ブロックされたリソースの項目でページ数が大変なことに・・・

ほとんどのページがブロックされたリソースを含むページに認定されており、平均順位が下がり始めた頃とブロックされたリソースを含むページが増え始めた頃が一致していたため改めてSEOに対する関連性があると思い対策することにしました。

ブロックされたリソースとは

そもそも、ブロックされたリソースの意味が分からなかったので、調べてみたところgoogle本家のwebサイトに以下のように説明されていました。

Googlebot では、ページを正しくレンダリングしてインデックスに登録するために、ページ上の数多くのリソースにアクセスする必要があります。たとえば、一般ユーザーと同様にページを認識できるよう、JavaScript、CSS、画像ファイルに Googlebot がアクセスできる状態になっている必要があります。

サイトの robots.txt ファイルでこれらのリソースのクロールが許可されていない場合、Google によるページのレンダリングとインデックスへの登録が十分に行われず、Google 検索におけるページのランキングに影響する可能性があります。

最後の一行にモロ、ランキングに影響すると書いてありますね・・・。

googlebotがサイトを巡回するときに、ページによってはbotがアクセスできず、内容が理解できないために出る警告らしいです。

対策法

対策法ですが、ネットで調べた限り状況に応じて2パターンあるそうです。

ホストURLが自サイトの場合

要するに自分のサイト内で、botのアクセスを制限している場合ですね。

こちらの場合はbotに対してアクセスの許可を与えるテキストファイルを作成する必要があります。

ファイル名は「robots.txt」とし、FTPを使って自サイトのURLの直下におきましょう。

ファイルの中身は以下のように記述します。

User-agent: *
Disallow: /wp-admin/
Disallow: /wp-includes/
Allow:/wp-includes/js/

Sitemap: https://自サイトのURL/sitemap.xml

ホストURLが他サイトの場合

私の場合はこちらが該当したのですが、他のサイトへのリンクを貼り、そのリンク先のサイトがブロックしている場合に起こりうる現象らしいです。


この場合の対策法は主に3つで、

  1. リンク先のサイト管理人に許可してもらう。
  2. リンクにnofollow属性をつける。
  3. リンク自体を消してしまう。

となるそうです。

当サイトではURLにTranslateとあったため、ウィジット部にあるgoogle翻訳機能が怪しいということでソースコードを表示させたらビンゴでした。

このリンク先は管理人に許可してもらうことが現実的でなく、プラグインによりリンクが自動挿入されるため、nofollowも難しかったです。そのため、プラグイン自体を停止することで対策しました。

経過

2018年2月28日に対応し、その後ブロックされたリソースの数は徐々に下がりつつあります。

肝心な検索順位ですが、以下のようになりました。

緩やかではありますが、回復傾向にありますね。

この結果より、少なくともブロックされたリソースが多いと検索順位に悪影響を及ぼすといえそうです。

まとめ

今回はブロックされたリソースに関する記事となりました。

google側でも公式でランキングに影響すると言っているので、search consoleを定期的に見て、もしブロックしているようなページがあるのなら早急に対策することを強くオススメします。

スポンサーリンク

投稿者: TS

ゲームと数学のことを主に書いてます! アドバイスやご指摘があれば是非お願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA