ゲームブログは稼げるの?半年ほどやってみて気付いた事

スポンサーリンク
このサイトを立ち上げてから約1年が経ち、今では毎日多くの方に見ていただけるようになりました。記事を書いている身としても嬉しい限りです。

最初は数学をメインとして書いていたのですが、いつの間にか資格やアクアリウム、ブルーベリーなど雑記的なブログへと変わって行き最終的にはゲームブログへと成り果ててしまいました。

キュー
アクセスも増えてきたけど、なんぼ稼いでるん??

と、このようにゲームブログはどれくらい収益があるか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は広告主さんに怒られない程度に数字を出しながら報告していこうと思います。

ゲームブログって稼げるの?

さっそく気になるところだと思いますが、ゲームブログは稼げるのか否か。その答えはゲームにもよりますが、あまり稼げないと言えます。

理由は追って書きますが、収益率は大体10UU(ユニークユーザ)=1円くらいだと思ってもらえればと思います。

当サイトの収益が知りたい場合はアクセス数がサイドバーにあるのでその数値を10で割ればほぼ間違いありません。はい。

ゲームブログのメリット

ならなんでそんな儲からないようなことをやってるの?と思われるかもしれません。

それはゲームブログを金儲け以外の視点で見た場合にメリットが多いからです。

アクセスを稼ぎやすい

一つ目は他のブログやサイトと違ってアクセスが稼ぎやすいという点です。

ゲームはトレンド系のブログとも似ており、発売直後の攻略に関する検索数は爆発的に増加します。

その結果、たとえ狙ったキーワードで1位を取れなくてもアクセスが流れてくる可能性は大いにあります。

私が最初に書いたゲーム記事はドラクエ11のレベル上げに関する記事で、書いた段階では発売後1ヵ月以上経過し、検索順位は30番台でしたが日々数十人アクセスしてくれました。

サイトに人が来てくれるというだけでも大きなモチベーションになるので、初めて記事を書く人はゲームやトレンドの記事から始めると挫折にしくいのではないでしょうか。

やっていて楽しい

個人的にゲームがかなり好きで、ゲームをプレイするのも、そのことを書くのも全く苦になりません。

好きこそものの上手なれと言うように好きだから続けられるのではないでしょうか。

趣味の副産物としてやっていれば、ゲームも楽しめてサイトを作る楽しさも知れて一石二鳥です。

逆に言えばゲームが好きじゃない場合はゲームブログをするべきでなく、自分の好きな趣味などを発信していった方が良いように思えます。

人とつながれる

このサイトを通してできた繋がりもあり、そこからまた新しい話題が生まれたり、アドバイスをもらえたりとサイトをやっていてよかったなと思える場面はたくさんありました。

人脈は宝なりとも言うように人とのつながりはお金以上の資産です。

より多くの方と情報を交換し、知識を得られたのでそれだけでも儲けものだと思っています。

アウトプットの練習になる

アウトプットは人に何かを伝えるために非常に重要な手段であり仕事でも恋愛でも友人関係でも何でもかんでも欠かせないスキルになります。

そのスキルを磨ける一つのツールがサイトです。

自分が正しいアウトプットをできていれば人は来るし、そうでなければ他の情報に埋もれていきます。一見シビアなようにも見えますがサイトは失敗してもノーリスク、成功したらハイリターンです。チャンスは何度でもあります。

特にゲームは先ほども書いたように一瞬で検索数が膨れ上がります。即効性があるので、自分が他人の求める情報を提供できているか、キーワードを選定できているかがすぐにわかります。

このテクニックが身に着けば他のジャンルでも通用するので、ゲームやトレンド系の記事で感覚がつかめたら他の記事も書いてみるというステップはおすすめです。

赤字にはならない

ゲームサイトにかかる費用と言えばゲーム代の数千円+サーバ代1,000円前後、それに加えドメイン代も年間1,000円前後と費用がそんなに掛かりません。

そしてゲーム1本あたりで10万UU程集めることができれば買値よりも収益を上げることができます。

アクセス数10万UUは最初は難しいですが、慣れれば簡単に到達できる数値です。

また、ゲームは中古で売っても値崩れしにくく、開業届を出して青色申告すればゲーム代を費用として計上できるため、節税効果も期待できます。

普段より安い金額でゲームができて、お小遣いももらえる程度に考えておけば得した気分になりませんか?

ゲームブログのデメリット

もちろん、ゲームブログにはほかのブログにないような独特のデメリットもあります。

記事の寿命が短い

先ほど、トレンド系の記事と性質が似ていると書きましたがゲームも一過性の話題になってしまうので、今日爆発的にアクセス数があっても来年、再来年になってもその記事に人が来るということはほぼありません。

他のジャンルの記事だと、一気にアクセスは見込めないものの徐々にアクセスが増え、その過程が楽しいといった事もあります。しかし、ゲーム系記事では逆です。最初に爆発的に増え、その後徐々に下がっていくので寂しい思いが拭えませんw

そのため、サイトを継続させるには常に最新のゲームを追って記事を書いていくといった大変さはあります。

大手サイトに勝てない

現在ゲームに関する攻略サイトは大手がいくつかあり、法人化もしているので数人がガチでやり込んで記事を書いています。

個人でできる範囲は知れているので、他でも書かれそうな内容を書いているだけでは検索すら流れてこないといった事もあります。

どういう切り口から書くか、また、どんなキーワードを狙うかといったテクニックが要求されてきます。

まねされても文句言えない

よく他のジャンルではパクリ記事が問題視されることがあります。

大抵のパクリ記事は実際に体験していないのに体験した風にして書くことで矛盾が起き、読み手にもばれやすいです。

しかしゲームの場合は別で、誰でも同じような体験、筋道を辿ることが可能なため当たり前のように内容が被ります。

ゲームサイトでもたまにパクリ報告などを扱っている記事を見かけますが、どちらも実体験を書いており、どちらが検索順位を上にあげるかはGoogleのみが決めることです。

自分が頑張って記事を書いたけど後発の似たサイトに順位を抜かれるといった事も茶飯事なので覚悟しておきましょう。

ゲームブログの運営方法

様々なメリット、デメリットがありますがそれらを見てゲームの記事を書いてみたいという方にちょっとアドバイスしてみようと思います。

書き方編

まずは書き方ですが、次の点に気を付けるだけで案外上位を狙え、アクセスを稼ぎやすくなります。

リリース直後に記事を書く

後から抜かれる可能性があるにしてもゲームが発売されたらすぐに記事を書くことがベストです。

何故ならアクセス数が増えるのは大抵発売日の次の土日~次週の土日がピークで、その間だけでもアクセス数を占めることができれば御の字だからです。

ある程度して情報が追加できそうなら加筆、修正していきましょう。

調べそうなキーワードを狙う

大抵どんなゲームでも調べたいキーワードは決まってきます。

例えばRPGだったら「タイトル名 レベル上げ」や「タイトル名 最強装備」など。これらの記事は比較的寿命が長く、タイトルによってはリリース後1~2ヵ月間の間アクセスを集めることもできます。

因みに筆者もこれらのキーワードはいつも狙うので攻略タイトルが被る場合は狙わないでください

マネタイズ編

次に収益化する方法です。

基本はアドセンス

基本的にはGoogleアドセンスでの収益になります。

ただ、ゲームにおけるGoogleアドセンスのクリック単価は低く、これが稼ぎにくいと言われる所以です。

また、収益の柱だからと言って記事中にペタペタ貼りすぎるとうざったるくなりユーザ離れを引き起こすので、記事のトップと終わり、サイドバーの3ヵ所程度にとどめておきましょう。

ゲームアプリのアフィリエイト

ゲームアプリを紹介すると1回インストールされただけで300円~1,000円程はいる案件もあるので機会があったらやってみましょう。

おすすめのASPはadcropsです。

スマートフォンアプリ向け CPIアドネットワーク adcrops
adcrops(アドクロップス)は、アプリ広告のインストール数、クリック数に応じて、広告掲載費用をお支払いする、CPI(Cost Per Install)型やCPC(Cost Per Click)型が配信できる唯一の広告ネットワークです。

こちらはスマホアプリを多く扱っているので登録してみる価値はあります。

スマホアプリを実際にプレイしてみて面白かった点や新鮮なシステムを書くだけでも案外インストールされます。

Youtubeとの連携もアリ

記事中に文章で説明しきれないときはYoutubeで動画を埋め込むのもアリです。

Youtubeも大体10再生で1円くらいの収益で、早ければ単なるプレイ動画でもアクセスが増えたりします。

Switchでは別途録画ツールが要りますが、案外すぐに取り返せます。

モチベーション編

特にゲーム関連の記事を書く場合は続けることが大事で、途中で投げ出さないように工夫しなければいけません。

ここではサイトを投げ出さないためのアドバイスを書かせていただきます。

興味がないゲームはやらない

ゲームブログだからと言ってなんでも手あたり次第ゲームに手を出すのではなく、本当に興味のあるゲームだけやって記事を書いていきましょう。

アクセスが集まるからと言って興味ないゲームをやっても続きませんし、良い記事も書きたくても書けません。

やりたいゲームが無いときはアクセスが下がっても落ち着いて次のゲームが出るまで待ちましょう。

ラク
俺はゲームなら何でもするけどな

モナ
ん?今何でもするって(自主規制)

気晴らしに別の記事も挟む

ゲームの記事に固執する必要はなく、当記事のように雑記的なものや別の分野の記事を書いても全然問題ありません。1つの事を書くことで他のジャンルのことが書けるといった事もあるでしょう。

書きたいときに書きたい記事を書けるだけ書きましょう。

まとめ

今回はゲームに関してざっとまとめさせていただきました。

冒頭でほとんど稼げないと書きましたが、マネタイズをしっかり意識したり、もっと時間をかけられたりする場合は稼ぐことも可能かと思います。

しかし何より大切なのは楽しむことです。

楽しくやっている人の周りには人が集まってきますよ!

スポンサーリンク

投稿者: TS

ゲームと数学のことを主に書いてます! アドバイスやご指摘があれば是非お願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA