WordPressでアプリーチを使うとURLが変わる現象の対策法

スポンサーリンク
最近スマホアプリのアフィリエイトが熱いのはご存知でしょうか?

amazonでゲームが1本売れても貰える収入は高々2桁円なのに、スマホゲームとかだと数百円はザラです。

しかも、スマホゲームの場合、筆者のようにアホみたいな課金をしなければ基本無料なので紹介された側も気軽にDLしやすく、成果が出やすいと言った傾向にもあります。

しかし、大きな問題が1つ、WordPressでアプリを紹介すると勝手にURLが置き換わってしまい、成果が反映されない場合があります。

そういうわけで、今回は勝手にURLが変換されてしまう不具合を回避する方法をご紹介いたします。

アプリーチと呼ばれる、アプリ系の紹介ツールでも同様の不具合が起きることがあるので一緒にご紹介いたします!

アプリーチ側で勝手にURLが変わる

1回目の変換はアプリーチ側にURLを打ち込み、タグを生成する際に発生します。

筆者の場合は&の後ろにamp;が挿入されてしまっていました。

これらの挿入された文字をすべて削除してからWordPressのテキストモードに張り付けましょう。

また、一度テキストモードからビジュアルモードに変えても再度amp;が挿入されるので、ビジュアルモードにしないでください。

WordPress側の仕様でURLが変わる

WordPressの仕様でも特定の記号が数値に置き換わってしまいます。

これは数値文字参照と呼ばれるものでソースコードを表示することで見ることができます。

こちらはプラグインの「WP-No-Format」を用いて回避しましょう。

使い方としては、アプリーチのタグの前と後を以下のようにして囲むだけです。

<!-- noformat on -->
アプリーチによって排出されたタグ
<!-- noformat off -->

反映されているかの確認方法

反映されているかどうかは再びページのソースを表示させ、入力したい元のURLをCtrl+Fで検索しヒットすれば無事反映されています。

まとめ

今までいくつかのASPでアプリーチを試していたのですが、クリック数すら全く反映されていなくて途方に暮れていたため、今回の手法で解決できてかなりテンションが上がりました。

同じように躓いている方は一度試してみてください!

スポンサーリンク

投稿者: TS

ゲームと数学のことを主に書いてます! アドバイスやご指摘があれば是非お願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA