[WordPress]Twitterにカード方式で更新通知するには

スポンサーリンク

今回はWordPressとTwitterを連携し、サイトやブログの更新とともにTwitterカードで更新通知してくれる方法をご紹介します。

投稿通知をするための設定とTwitterカードの設定で2段階あるので分けて書きます。

Twitterカードにすることのメリット

クリック率の上昇

サイトの更新をTwitterで告知する場合、単にURLを記載する方法でもフォロワーさんに知らせることはできますが、Twitterカードを導入することにより画像や要約文を載せることができます。

このことで内容をざっとTL上で把握してもらえるので、興味がある人には一層クリックされやすくなります。

解析ができる

Twitterにはもともと解析機能がついています。(ツイートの右下のアンテナのような三本線から)

この解析結果からクリック数やクリック率を知ることができます。

投稿通知の設定

まずはサイトの更新と同時にTwitterに通知をするための設定になります。

プラグイン「WP to Twitter」をインストールする

WP to Twitter」の導入は他のプラグイン同様の手順でインストールすることが可能です。

[WordPress]超お手軽!プラグインを導入・削除する方法!
WordPressで便利な機能をつけたいんだけど、プログラミングなんてできないしどうしよう・・・そんなときはプラグインを使うとええで。プラグイン・・・?せや。WordPressに導入するだけでプログラミングなしに便利な機能を使える優れもんや。導入・・・難しそう。そ...

※プラグインの検索のところには「WP to Twitter」と入力すれば1ページ目に見つかります。

Twitter側での設定

プラグインの導入が終わったらまずはWordPress側でTwitterと連携させる設定をします。

プラグイン有効化後の画面で、WP to Twitter Settingsをクリックしましょう。(サイドバーの「設定」→「WP to Twitter」でもOK)するとTwitterの設定ページへ飛べます。

次に[Twitter Connection]のタブからTwitter’s applivation registration page をクリックしましょう。

※この時、連携させたいTwitterにもログインしている状態にしましょう。

Twitter’s applivation registration pageをクリックすると入力項目が4つ程ある画面が出るので、必要事項を記入し、Developer Agreementにチェックをいれ、Create your Twitter applivationを押しましょう。

すると[Keys and Access Tokens]タブに以下のような文字列が表示されるので、そのページを表示させたままWordPress側の設定へ移ります。

WordPress側での設定

先ほどの[Twitter Connection]のタブの下の方に「API Key」「API secret」「Access Token」「Access Token Secret」を入力する場所があるので入力してConnect to Twitterを押しましょう。

[Twitter Connection]のタブが以下のようになったら連携成功です。

次に[Basic Settings]のタブを選択し、フォーマットを設定しましょう。

中タブ

中タブで投稿ページや固定ページ毎に通知するかどうかを決めることができます。

基本的には投稿だけで良いのではないでしょうか。

テンプレートタグ

デフォルトで「#title#」と「#url#」が設定されていますが、これ以外にも「#blog#」があります。

それぞれのテンプレートタグは以下の通りです。

  • #title#・・・投稿ページのタイトル(h1から拾ってきてる)
  • #url#・・・投稿ページのurl
  • #blog#・・・ブログのタイトル

こちらもテンプレートタグはデフォルトで良い気がしますが、その前の箇所が英語なので「サイトを更新しました」等に変えておくと良いと思います。

投稿と更新

チェックボックスには2種類あり、上の「Update when a ※※ is published」が新規投稿の時に通知を、下の「Update when a ※※ is edited」がすでに投稿した記事の編集をした時に通知を行います。

Wiki等で更新通知にチェックを入れておくと軽いテロを起こせます。

投稿画面からも設定が可能

WP to Twitterを導入すると投稿画面の右側にもプラグインの設定枠が追加されます。

ここでDon’t Tweetを選ぶと個別に投稿通知をしないことも可能なので使い分けましょう。

これでTwitterでの更新告知の設定はおしまいになります。

Twitterカードの設定

次にTwitterカードの設定です。

更新通知の設定をしただけではただURLが表示されるだけでまだクリックされにくい状態です。

プラグイン「All in One SEO」をインストールする

こちらはSEO関連の有名なプラグインで、既に導入されている方も多いかもしれませんね。

All in One SEO」の導入も他のプラグイン同様の手順でインストールすることが可能です。

[WordPress]超お手軽!プラグインを導入・削除する方法!
WordPressで便利な機能をつけたいんだけど、プログラミングなんてできないしどうしよう・・・そんなときはプラグインを使うとええで。プラグイン・・・?せや。WordPressに導入するだけでプログラミングなしに便利な機能を使える優れもんや。導入・・・難しそう。そ...

※プラグインの検索のところには「All in One SEO」と入力すれば1ページ目に見つかります。

「All in One SEO」の設定

導入が完了したら左側の盾マークの「All in One SEO」を選択し、機能管理を選びましょう。

機能管理の中にソーシャルメディアがあると思うので、Activateボタンを押しましょう。

画像のようにアイコンに色が付き、ボタンがDeactivateになればOKです。

再び左側の盾マークから、今度は追加されたソーシャルメディアを選びます。

下の方へスクロールするとTwitter設定があるのでここに記入していきます。

  • デフォルトTwitterカード・・・要約と要約の大きい画像があります。画像を大きく見せたいときは大きい画像を選びましょう。
  • Twitterサイト・・・ツイッターの@以降(さのさん@TS_0601なら@TS_0601)を入力します。
  • Twitter投稿者を表示・・・チェックを入れると誰が書いたかを表示させます。複数人で書いている場合は入れても良いかもしれません。
  • Twitterドメイン・・・先ほどのTwitterサイトの@を抜いたものを入れます。

これでプラグイン側の設定は完了です。

次にユーザタブから設定を選び、こちらにも自分のTwitterアカウントを記載しておきましょう。

Twitterカードの確認

最後にTwitterカードの申請ページへ行き、自分の投稿がしっかりと設定した通りの表示になっているか確認しましょう。

Twitterにログイン
Twitterへようこそ。ログインして通知をチェックしたり、会話に参加したり、フォローしているユーザーの最近のツイートを見てみましょう。

自分のブログの投稿ページのURLを入力し、右側にプレビューが表示されれば成功です。

プラグインの設定をしてから時間がたっていない場合は画像が表示されないことがあります。しばらく待ちましょう。

まとめ

今回は長くなってしまいましたが、Twitterに自動で更新通知をしてくれる設定と、URLをTwitterカードに変えてくれる設定について説明しました。

せっかく記事を書いたら多くの方に見てもらいたいと思うので、めんどくさい部分もありますが設定しておきましょう!

スポンサーリンク

投稿者: TS

ゲームと数学のことを主に書いてます! アドバイスやご指摘があれば是非お願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA