SPI非言語対策(推論)~選択~

スポンサーリンク


選択

選択問題では有り得るものを全て選びます。多くの選択肢からどのようにして候補を絞り込むのか、例題を通してみていきましょう。

例題1

問題1

 Bは白いカードを\(6\)枚、Wは黒いカードを\(6\)枚所持している。各々が手持ちのカードを何枚か相手に渡し、その時点で手元にあるカードの合計得点を、以下のルールに基づいて求める。

Ⅰ):Bは黒いカード\(1\)枚につき\(2\)点、白いカード\(1\)枚につき\(1\)点とする。
Ⅱ):Wは白いカード\(1\)枚につき\(2\)点、黒いカード\(1\)枚につき\(1\)点とする。

 WからBへは\(3\)枚、BからWへは\(3\)枚以上手持ちのカードを相手に渡したとき、Wの合計得点としてありえるものはどれか、全て選びなさい。

ア:\(7\)点 イ:\(8\)点 ウ:\(9\)点 エ:\(10\)点 オ:\(11\)点
カ:\(12\)点 キ:\(13\)点 ク:\(14\)点 ケ:\(15\)点 コ:\(16\)点

解説(クリックで展開)

解答(クリックで展開)

問題2

 Bは白いカードを\(6\)枚、Wは黒いカードを\(6\)枚所持している。各々が手持ちのカードを何枚か相手に渡し、その時点で手元にあるカードの合計得点を、以下のルールに基づいて求める。

Ⅰ):Bは黒いカード\(1\)枚につき\(2\)点、白いカード\(1\)枚につき\(1\)点とする。
Ⅱ):Wは白いカード\(1\)枚につき\(2\)点、黒いカード\(1\)枚につき\(1\)点とする。

 お互いにカードを少なくとも\(1\)枚渡したところ、Wの合計得点は\(8\)点になった。このときBの合計得点はどれか、当てはまるものを全て選びなさい。

サ:\(5\)点 シ:\(6\)点 ス:\(7\)点 セ:\(8\)点 ソ:\(9\)点
タ:\(10\)点 チ:\(11\)点 ツ:\(12\)点 テ:\(13\)点 ト:\(14\)点

解説(クリックで展開)

解答(クリックで展開)

ADVICE

回答郡から複数の答えを選択する場合、問題文中で分かっている数値から答えを絞り込むといった形で問題を解いていくことになります。パターンはそんなに多くないので、あせらず一つずつ試していきましょう。

スポンサーリンク