SPI非言語対策(推論)~分類~

スポンサーリンク

分類

分類は主に\(3\)つ以上の対象物があります。

その合計やお互いの関係性を提示し、それに条件を加えることで範囲を絞っていくことが正解への手順となります。

条件がいくつもあり混乱してしまいそうですが、パターンを覚えてしまえば簡単なので是非対策しましょう。

では、例題を見てみましょう。

例題1

問題1

庭に薔薇と菊とユリの\(3\)種類の花が合計\(9\)本咲いている。\(3\)種類の花について、以下のことが分かっている。
Ⅰ):\(3\)種類とも、少なくても1本は咲いている。
Ⅱ):菊の本数は、薔薇の本数よりも少ない。

次の推論ア、イ、ウのうち、必ず正しいといえるものはどれか、全て選べ。
ア:ユリが\(2\)本なら、菊は\(3\)本である。
イ:ユリが\(4\)本なら、菊は\(2\)本である。
ウ:ユリが\(5\)本なら、菊は\(1\)本である。

解説(クリックで展開)

解答(クリックで展開)

問題2

庭に薔薇と菊とユリの\(3\)種類の花が合計\(9\)本咲いている。\(3\)種類の花について、以下のことが分かっている。
Ⅰ):\(3\)種類とも、少なくても1本は咲いている。
Ⅱ):菊の本数は、薔薇の本数よりも少ない。

次の推論カ、キ、クのうち、必ず正しいといえるものはどれか、全て選べ。

カ:菊とユリが同じ本数なら、薔薇は\(5\)本である。
キ:薔薇とユリが同じ本数なら、菊は\(1\)本である。
ク:ユリが薔薇より2本以上多いなら、菊は\(1\)本である。

解説(クリックで展開)

解答(クリックで展開)

ADVICE

分類では、正しくない事象を見つけることが手っ取り早く答えを見つけやす方法です。、この、正しくない事象のことを反例と呼びます。(反例についてはこちらをご覧ください。)

また、条件がいくつもあり、最終的に何を満たせばいいのか分からなくなるかもしれません。

そんなときは、問題文及び推論の前半を条件(=変えてはいけない絶対のもの)、推論の後半を要件(=満たしているかどうかを問うもの)として頭においておけば、何を求めたいかはっきりします。

例題2

問題1

A、B、C、Dの\(4\)人がジャンケン勝負で1回ずつの総当り戦を行った。結果として、以下の通りとなった。ここであいこは無かったものとする。

Ⅰ)AはBに負けた。
Ⅱ)CはDに勝った。
Ⅲ)DはAに勝った。
Ⅳ)Dは\(1\)勝しかできなかった。

上記の条件だけで結果が全て分かるのは誰か、全員選べ。
A
B
C
D

解説(クリックで展開)

解答(クリックで展開)

問題2

A、B、C、Dの\(4\)人がジャンケン勝負で1回ずつの総当り戦を行った。結果として、以下の通りとなった。ここであいこは無かったものとする。

Ⅰ)AはBに負けた。
Ⅱ)CはDに勝った。
Ⅲ)DはAに勝った。
Ⅳ)Dは\(1\)勝しかできなかった。

Ⅰ)~Ⅳ)の他に、次のア、イ、ウのうち、少なくともどの情報が加われば\(4\)人の結果が全て分かるか。全て選べ。

ア:\(3\)戦とも負けた人がいた。
イ:\(3\)戦とも勝った人がいた。
ウ:BはCに勝った。

解説(クリックで展開)

解答(クリックで展開)

ADVICE

実際に図や表を書けば分かるのですが、実際の試験では時間が限られています。

より早く正確に書くことを求められるので、何度も練習を重ねて書き方をマスターしていきましょう。

SPI対策アプリが登場!無料で学習できるので試してみてください!

SPI問題・面接対策-Start就活
SPI問題・面接対策-Start就活
開発元:IKT HOLDINGS INC.
無料
posted withアプリーチ

スポンサーリンク