[大乱闘スマッシュブラザーズSP]オンラインでのラグ対策!回線落ちを避けるには?

2019年4月6日

スポンサーリンク




発売僅か3週間にしてダブルミリオンを突破した大乱闘スマッシュブラザーズSP

オンラインでガチバトルしたり、友だちとワイワイ楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。

ぷりん
ぴかちゅ~

しかしオンラインで遊んでいると時々ラグくて固まってしまったり、そのまま回線落ちしてしまったりすることがあります。

筆者も良く友達と遊ぶのですが、良い場面で固まってしまうと自分も相手も萎えてしまいます

今回はそういった事態を避けるためのおすすめの方法をいくつか紹介しようと思います!

スマブラをストレスフリーで遊ぶには?

スマブラは特に他のゲームよりも瞬発性を問われるゲームなので、少しのラグがあってもストレスを感じてしまいます。

回線の速度をMbpsとするとスマブラの場合は大体下りで30~60Mbps有れば良いとされています。

チョロ
1Mbpsってどれくらいでチュ?

モナ
だいたい1秒間に初代ドラクエ15000個送るくらいの量だニャ

カズ
それだけ聞くとなんかすごいね・・・

初代ドラクエの個数で表すと恐ろしいですが、実際に60Mbpsの環境を整えるのは早々難しくないのでご安心ください。

回線が重いとどうなる?ラグい事のデメリット

回線が重く、ラグが多発する中で無理してスマブラをするとどうなるのでしょうか。

萎える

まずは完璧に萎えます。

コチラがスマッシュを溜めていいタイミングで放とうとしてもそこでラグると優に交わされてしまいますし、ガードが見えてしまえば隙を突かれて掴みを食らってしまうなど、臨場感溢れるバトルが台無しです。

せっかく盛り上がっていても急に萎えてしまうのは明らかですよね。

自分だけがつらい思いをするならまだしも、相手を巻き込んでしまうので非常に気まずくなります。

ペナルティが起こることも!?

特に知らない人とのオンラインマッチでラグってそのまま落ちると切断と見なされ、戦闘力が下がったり一時的に参加できなくなったりといったペナルティも発生します。

故意でないにしても機械によって切断したと判断されては弁明できず、今まで築き上げてきた努力も無駄になってしまうので極力避けたいですよね。

ラグ対策

ではさっそくラグの対策方法を見て行きましょう。

まずは有線にしてみよう

最も手っ取り早いのは無線ではなく有線接続にすることです。

有線は無線と違い、周囲の電波の影響も受けず、無駄に電波が広がる事もないので最も安定する接続方式になります。

公式サイトでも環境を整える際は有線LANによる接続を推進しており、無線にすると同じ回線を利用しても必ず速度が低下してしまいます。

実際に計測したところ登り、下りともに優先にしたことで倍くらいの速度になりました。

有線接続の方法

有線接続はルーターに挿したLANケーブルを一旦USBに変換してドックに接続する必要があります。

従ってTV経由でしか有線接続ができない点に注意です。

有線接続するには

有線接続には以下の三つが必要になります。

  • LANケーブル
  • LAN→USBアダプタ
  • ドック

LANケーブルは規格が沢山ありますが、カテゴリ6のコスパが良いもので十分実用可能です。

長さは0.5m~8mまであるので、家の環境に合わせて選んでください。

また、LANからUSBへの変換アダプタはswitch専用の物が出ています。

正規品ではありませんが、問題なく使用できるので用意しておきましょう。

また、ドックに関しては初期でついているのでわざわざ買う必要はありませんが、あのデカいのを持ち運ぶのがイヤ!という方は以下のページをご覧ください。

今日は半年ほど前に紹介した、スイッチからドックなしでもTVに出力できるツール、c-forceに取って代わる新製品を見つけたのでご紹介します!その名も「USB C ハブ ニンテンドースイッチ ドックの代わりに サムスンs8/s8+デックスステーション機能付き コンバーター...

お手頃価格でコンパクトなドック代わりになる製品がありますよ!

それでもラグかったら回線の乗り換えを

有線に切り替えても速度が上がらない場合は大元のインターネットが問題の場合もあります。

特にマンションだったり集合住宅地で共同の帯域を分け合っている場合は時間帯によってモロに影響を受ける場合があります。

そういった場合は回線を変えてしまうのもアリです。ここでは筆者がオススメできる回線をいくつか紹介します。

auひかり

auひかりはほぼ全国で利用することが可能で、たとえ筆者が住んでいるようなド田舎やマンションでも問題なく利用できます。

また、それだけでなく工事費も無料で、さらには他社回線から乗り換える際の違約金まで負担してくれるため殆ど初期費用が掛からないと言ったメリットがあります。

しかもなんと、現在は超お得なキャンペーンをやっており、契約するとPS4かSwitchかiPadかpcを必ず貰えるというぶっ壊れ特典がついてきます。

カズ
豪華~!

この記事を読んでいる方はスイッチは持っていると思いますが、それ以外の端末で是非欲しい!というものがあったらこれを機に契約してみてはいかがでしょうか。

キャンペーン名auひかりネット契約キャンペーン
特典PS4/Switch/iPad/pcのいずれか1つ
月額戸建て:5,373円
マンジョン:2,754円
速度1Gbps(1,000Mbps)

auひかり申し込みで新品パソコンを最短1週間でプレゼント!

工事ができない方は?

光回線にできればまず無線でも問題なく遊べるレベルまで回線速度が跳ね上がりラグとはおさらばできます。

しかし、諸事情によって工事が出来ず、光回線を導入できない場合もあるかと思います。

そこで出てくる最終手段がWiMAXになります。

WiMAXは通信速度は光回線の約半分の440Mbpsしかありませんが、様々な恩恵があります。

まずは月額2,170円からのため、auひかりに比べて安い点、さらにはキャッシュバックで最大42,200円も帰ってくるという目玉が飛び出るほどの特典もあります。

ラク
au光より得じゃね!?

加えて、WiMAXは持ち運びできるのでSwithと非常に相性が良く、わざわざTVに接続しなくてもたとえ外でもオンラインで楽しめる強みがあります。

440MbpsからのWi-fi接続でも十二分に遊べる速度であることは保証されるので、工事ができないと言った方は是非WiMAXも検討してみてください!

キャンペーン名GMOとくとくBB
特典最大42,200円キャッシュバック
月額2,170円~
速度440Mbps

GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,170円(税抜)~!

まとめ

今回はスマブラSPがラグってしまう場合の対策方法を紹介させていただきました。

スマブラSPは発売してから1ヵ月近くが経過しようとしていますが、未だに楽しめる神ゲーで、オンラインも非常ににぎわっているので、その楽しさをフルで満喫するためにも回線環境はしっかりと整えましょう!

スポンサーリンク