ゲームが歩んできた道

2020年9月23日

スポンサーリンク




1972年にアタリが「ポン」というゲームを開発し、世界を変えた。

2020年の今から振り返ってみると、ただの卓球シミュレーションゲームで、非常に単純な仕組みだが、ビデオゲームの歴史の拠点として名前を刻むことができた。

なぜなら、これは商業的に成功した最初のゲームだからである。

その後、多くの会社がこの新しいマーケットに目を付け、数々のゲームソフトやゲーム機が争い始めた。

90年代の半ばまで任天堂とセガが市場をほぼ独占していたが、ソニーのプレステが途上し、今までのゲームのない可能性を導入した。

ファイナルファンタジーなど、その時点まで任天堂に忠実だった多くのシリーズもソニーに移行した。

セガのゲーム機が敗北し、ゲームソフトのみを作成するという決断に至ったタイミングでマイクロソフトがXBOXで新しく登場して西洋のゲーマーに大人気を浴びた。

21世紀に入ってゲームが一気に大きく進化した。フルハイビジョンの時代となり、次世代のゲームはモーションキャプチャーの技術や声優さんの声を利用し、現実に驚くほど似始めた 。

あれ以来はゲーム機の世代が変わる度に昔ほどの世代交代の差はさほどでないが、一つ極めて面白い現象が起こっている。

それはスマホ向けモバイルゲームの普及。

テレビの前でずっと座ってじっくり一つのゲームをやるよりも、圧倒的にカジュアルゲーマーが増え、そのニーズを満たすために、電車に乗っている間の数十分を潰しすシンプルなゲームが毎日数多く開発されている現状だ。

nolimitcity(ノーリミットシティ)」や「MigtyFinger(マイティ・フィンガー)」といったゲーム会社が手掛けたソフトは、オリジナルとは思えないほど品質が高く、十分に遊べる、いや、戦えるゲームになっている。このような気になる方に非カジノビリオンズ  Casumoカジノレビューがお勧め。

ポンの時代と比べればゲームは大きく変わってきたが、将来はゲームの更なるシンクはどんな形になるだろう。

スポンサーリンク








Posted by TS