スイッチ対応のHDMIケーブルを目的別にご紹介!

スポンサーリンク
今回はスイッチで使用することだけを考慮したHDMIケーブルに関するマニアックな記事になります。

HDMIはご存知の通り、High-Definition Multimedia Interface(高精細度マルチメディアインターフェース)の略で、映像・音声をデジタル信号で伝送する通信インタフェースの標準規格の事で、家庭でも職場でもかなり普及しています。

そんなHDMIですが、製品によって性能が違い、結果としてスイッチなどのゲームが快適にプレイできるかどうか、長く使い続けられるかどうかと言った違いも出てきます。

そんなわけで、今回はHDMIケーブルマニアの私が目的別でオススメできるHDMIケーブルを紹介していきます!

カズ
ケーブルマニアって何!?

通信速度優先

まずは通信速度を最優先したハイスピードモデルのケーブルから。

他のHDMIケーブルでも通常のゲームプレイには基本的には問題ないのですが、少しの遅延も許せない!干渉によって映像が乱れる、画質が落ちるといった場合にはまずこれを使いましょう。

こちらのケーブルはPVCアウターレイヤーカバーを使用しているので外部の干渉を受けず、音楽や映像をハイスピードで遅延なし出力できます。

アクションゲームやシューティングゲームなど、0.1秒の遅延も許されないゲームをプレイする方や、電子レンジ・その他電波発信機器が近くにあり画像が乱れてしまうといった方にはオススメです。

最新規格の2.0なので4K出力にも対応しています。2.0規格に関しては以下のサイト様で詳しく書かれているのでご参照ください。

「HDMI 2.0」で一体何が新しくなって大幅に強化されるのかまとめ
HDMI Forumは9月4日、ドイツ・ベルリンで開催される「IFA 2013」に先駆けて、従来のHDMI規格の上位にあたる「バージョン2.0」の規格を発表しました。データ転送の帯域幅が従来の10

価格は800円~

耐久力優先

次に耐久力優先型です。HDMIは意外にもろく、何回か抜き差ししただけで端子が破損してしまったり、曲げて使っていたら断線してしまったりなんてことも起こりえます。

特に持ち運びなどで抜き差しを頻繁にする方ややんちゃなお子さんなど、ケーブルに結構なダメージを与えてしまう方がいらっしゃるご家庭では以下のケーブルをご紹介します。

こちらは柔軟性にも長けており、狭い場所で使いたいときなどにかなり無理にまげて使っても問題なく使用できます。

外装がナイロンと合金材質材料を混ぜて使っているため、柔軟性だけでなくひっぱりにも強く、コード部を持ってゲーム機やモニターから引き抜くといった雑な使い方をしても簡単には壊れません。

価格は1,400円~

値段優先

とにかく安いのがいい!そんな方には以下のケーブルをオススメします。

一応ハイスピード対応でレビューの評価も良いので、安いから壊れやすいとかそんなことはありません。

ただしぶっちゃけ送料の方が高そうなのでまとめ買いや抱き合わせで買うことをオススメします。

価格は150円~

バランス型

最後にそこそこ安くて性能も良く、なおかつ壊れにくい、要するにコスパが良いと呼ばれているHDMIケーブルをご紹介します。

こちらは銅製素材を使っており、伝達速度が速く、金属のため耐久力も高くなっています。

こちらも2.0規格で4k出力にも対応しているので、高画質でゲームをプレイしたい方でも不自由なく使用できます

余談ですが、金属を素材としている金に輝くケーブルなので、それだけでもゴージャス感がありおしゃれな感じがあります。他のケーブルよりも一際目立つのでインテリア的にも合うかどうか考慮して選ぶと良いかと思います!

価格は1,000円~

まとめ

今回はHDMIケーブルに限定してまとめました!

同じHDMIケーブルでもすぐに壊れてしまうものや長く使えるもの、素材もナイロン素材から金属素材までピンキリなので、この記事がHDMIケーブル選びに役立てれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

投稿者: TS

ゲームと数学のことを主に書いてます! アドバイスやご指摘があれば是非お願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA