ニンテンドースイッチのフリーズがひどすぎたので修理に出してみた

スポンサーリンク
今回はニンテンドースイッチ修理の記事です。

突然ですが、ニンテンドースイッチを修理に出しました。理由は自分のスイッチがフリーズしまくるからです。

一カ月くらいフリーズしない時もあったのですが、2018年5月頃からかなり頻繁にフリーズするのでこの先色んなゲームが出るのでストレス無くプレイしたかったので修理に出すことに決めました。

スイッチの症状について

今回のケース

とにかくフリーズします。しかも何度も。

本体発売日初日からという最悪な事態でした。ひどい時は30分で5回くらいフリーズしてましたね・・・。

買ったばかりなのに修理に出してゲームができない!なんてゲームが好きな自分からしたらとても辛いことなので我慢してプレイしていました(笑)。

大丈夫な時は1週間くらいフリーズしなかったのでまあいいかなと。

しかし、2018年3月頃からスプラトゥーン2を本格的にプレイするようになってからはフリーズで切断扱いになり、自分のチームに迷惑が掛かり、ウデマエも落ちるので修理に出すことに決めました。

フリーズの例を動画にしてみました。Joyコンのボタンを押したりしても反応しません。二つ目は聞き取りづらいですが、ブーという音がずっと鳴っています。

他の事例

他の事例ではエラーコードが表示される、画面が一定の色(青やオレンジ)のまま停止するなどの事例も見られました。

ネットを見る限り、これらの初期不良が一定数あることは否めませんね。

水没や画面の破損など、購入後の故障に関する修理情報は分かりませんが、初期不良の場合の修理の手順や修理費など、今回の修理の過程で分かった情報は以下にまとめて行こうと思います。

セーブデータについて

ネットで調べるとセーブデータが消えるという情報があります。不安になりますよね。

スイッチのソフトのセーブデータは本体に保存され、microSDカードに保存ができないのでバックアップが取れないんです。だからとても怖くて修理に出す際に問い合わせてみました。

任天堂のデータの管理https://www.nintendo.co.jp/support/switch/data_management/index.html

問い合わせの結果です。

今回の場合はセーブデータは消えませんでしたが、場合によっては消えてしまう可能性があるみたいですね。

下で説明しますが、自分のスイッチは中のメイン基盤が故障していたそうなので、結構症状がひどいのでは?と思っているのですが、相当症状がひどくないとセーブデータは消えないのではないでしょうか。

バックアップが出来ず、データ移行も保障されていないので今のところデータ管理に関しては手詰まり感があります。

一応非合法な方法もあるそうなのですが、その手段を取る事によって逆に修理すらしてもらえなくなるリスクもあり、本末転倒なのでここでは敢えて詳しく書きません。どうしても気になる方は『スイッチ バックアップ』で検索するとヒットするかと思います。

本体の調査結果と値段

本体を送ってから調査が進み、サポートセンターから連絡があり、結果として自分のスイッチは中のメイン基盤が故障していると判明しました(すぐ下の画像参照)。

本体発売日からフリーズしてたから完全に初期不良なんじゃ・・・。

これ完全にスイッチ4万2000円で買ったようなもんだろ・・・(笑)

メイン基盤修理が8,000円の、技術料が4,000円で、お値段なんと1万2000円!。メイン基盤だから高いのでしょうか・・・。
保証期間なら無料か、割引になると思いますよ(自分は保証期間過ぎていたので・・・)。

画像を見てもらえるとわかりますが、オンライン修理受付で修理を依頼すると5%割引になりますよ。

修理の方法

まずは任天堂サポートの修理のご案内のページに行きましょう。
https://www.nintendo.co.jp/support/repair/index.html

そこで「故障かなと思ったら…」を必ず見ましょう!
https://www.nintendo.co.jp/support/chart/index.html

なんでもかんでもおかしいから修理に出すのではなく、自分で解決できるものもあるかもしれませんよ!

どれくらいで帰ってくるのか

任天堂サポート情報には10日~2週間と書いてあります。

自分の修理手続きから返ってくるまでの日程です。

    1. 2018年5月23日:オンライン修理手続きの開始
    2. 2018年5月27日:修理内容の問い合わせの返答、修理の申し込み
    3. 2018年6月2日:本体の発送
    4. 2018年6月6日:本体到着の連絡
    5. 2018年6月8日:修理代金確認の連絡
    6. 2018年6月11日:本体の出荷の連絡
    7. 2018年6月12日:自宅に本体の到着

自分の場合は発送してから自宅に戻るまで10日ほどで、最初のやり取りを含めると合計20日ほどかかりました。

まとめ

今回はニンテンドースイッチの修理についてでした。

修理のやり取り、手順がスムーズでとてもよかったです。

本体の状態にもよりますが、修理に出してもセーブデータが消えずに済みます。

何かあったらまずは任天堂のサポートの「故障かなと思ったらを」きちんと確認しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA