[G413]レビュー/メタリック仕様のメカニカルキーボード

スポンサーリンク




こんにちは、本日は記事二投目です、TSです。

今回はロジクール社から発売されているゲーミングキーボード、G413。こちらを安価で入手することが出来たのでレビューしていこうと思います!

メタリック仕様でかっこ良いだけでなく機能性も優れており、10,000円を超えるのもうなずけるスペックでした。

ラク
ラク
金属製のキーボードも一つは持っておきたいよな!

光り方やデザイン、タイプ音などあらゆる面でゲーマーの心をくすぐる仕様になっていたのでその魅力を是非見て行ってください!

G413について

最初にG413の基本的な情報をご紹介いたします。

パッケージ内容

箱を開けると丁寧に梱包された本体が登場します。

G413 パッケージ

更に本体と箱の間の長い筒にタクタイルゲーミングキーキャップが梱包されています。

このキーは予備ではなくゲーミング用に形状の異なるキーになります。

カズ
カズ
間違っても取り換えた後のキーを捨てちゃだめだよ!?

スペック

メーカー記載のスペックについても見てみましょう。

ブランドロジクール
メーカー型番G413rSV
耐久性7,000万回のキープレス
アクチュエーションポイント1.5mm
押下圧45g
キーストローク3.0mm
ケーブル長1.8m

重さ

重さは1126g

G413 重さ

サイズ

サイズは横が約45cm程

G413 横

G413 横 詳細

縦が14cmとなっています。

G413 高さ

スポンサーリンク

G413の特徴

次にG413の特徴です。

打鍵音

打鍵音は決して静かとは言えず、結構カチャカチャうるさい感じです。

気を付けて音が鳴らないように軽く押してみても音が響くこともあり、静音性を重要視する場合はメンブレンか静電容量無接点のキーボードを選ぶようにしましょう。

光り方

バックライトは白一色に点滅する仕様であり、点滅の間隔や輝度を変えることはソフト経由で可能です。

ですが、他の製品のように色を付けたりウェーブ状に光らせることはできません。

キーの高さ

キーの高さは約15mmとなっています。

G413 キーの高さ

高すぎる、とも低すぎる、とも言えませんね。

USBポート

キーボードの右上にUSBポートが一つ付属しています。

G413 USBポート

ここから経由で充電したり他製品を接続することも可能となっています。

背面

背面は斜線上の窪みが入っており、滑りにくく、おしゃれなデサインになっています。

G413 背面

また、高さを調節することも当然可能で1cm程底上げすることもできます。

G413 背面を高くする

G413 高さ+1cm

G413の使い方

次にさっとG413ならではの使い方を紹介させていただきます。

キーキャップの変え方について

キーキャップは付属のキープラーをキーに挟み込んで垂直に引き上げます。

すると簡単にキーキャップが外れるので、変えたいキーを刺しなおしましょう。

G413 キーキャップの外し方 その2

外すときはキープラーを使って少々大変ですが、新しく嵌めるときは指で少し抑えるだけで装着できます。

G413 キーキャップの付け方

キュー
キュー
しっかりとカチっと音がしてから使わんと外れて紛失することもあるで注意な!

ソフトの使用について

G413も他のロジクール製品同様、ソフトウェアを使用することでカスタマイズ可能です。

マクロの割り当て

F1~F12はそれぞれマクロ(動作させたいコマンド)を割り振ることができます。

G413 マクロ割り当て

例えばMMOにおいて一つのキーで複数のバフスキルをかけたり、webサイトでコピー&ペーストを登録して簡略化させたりなどが可能となります。

光り方の調整

光る色は変えられなくても輝度やブリージング効果のON・OFF、速度などは変更可能です。

G413 光り方

眩しすぎる、もうちょっと明るさが欲しい、そういった要望にも対応できます。

ゲームモードの設定

G413ではゲームモードと言ってゲーム中は特定キーの入力を無効化する設定も可能です。

G413 ゲームモード

例えばFPS中にWindowsキーを間違って押してしまって画面が切り替わり、慌てて戻ったときには負けていたと言った苦い経験をしたプレイヤ―も多い事かなと思います。

そういった誤爆を防げるので安心してゲームに集中できます。

ヒートマップの分析

ヒートマップの測定をONにし、一定時間計測することでどのキーが良く押されているかを分析してもらうことができます。

G413 ヒートマップ

この分析をすることでどのキーを良く押す傾向にあるかが分かり、より最適化したキー配置が可能となり有利にゲームで立ち回りをすることも可能となりますね!

カズ
カズ
なかなか自分では意識できないところだから参考になるね

G413の良い点と気になる点

実際にG413を使用してみて「良かったな」、と思う所と、「ここはもうちょっと改善してほしかった」と思う箇所があったので紹介します。

良い点

まずは良い点からです。

メカニカルキーボード

G413はRomer-Gと呼ばれるスイッチを使用しており、本来の赤軸や青軸とはまた別の物が用いられています。

G413 メカニカルキーボード

Romer-Gはロジクール社が独自に開発したもので、打鍵感が特殊です。

押した時のクリック感が程よく、メンブレンに比べて爽快感があり底打ちも不要、キーが反発して返ってくるため同じキーを連打してもキーが重く感じたり遅延を感じるデメリットが一切ありません

ラク
ラク
メンブレンとメカニカルの良いとこ取りした感じだな!

キーキャップのカスタマイズ性

キーキャップはよくFPSで用いられるW・A・S・Dに加え、Q・E・Rなどもタクタイルゲーミングキャップに置き換え可能となっています。

G413 キーキャップWASD

代わりのキーは中央部分がへこんでおり、よく使うキーはブラインドタッチで触れても間違ってタイプしないように一瞬で分かる構造になっています。

実際に筆者もこれでゲームをプレイしてみましたが、ゲームプレイとタイピングでは同じキーボードの使い方も異なってくるため改めてこのキーキャップの良さを実感することが出来ました。

指を置きやすく長時間プレイしていても指先が居たくなることが少なるので、特にやり込みゲーマーの方はこちらのタイプに変えてプレイすることをお勧めします!

逆にあまりゲームをせず、ネット等で検索したりチャットをする場合は合えて変える必要はないので、もちろんそのまま使用すると言った方法もできます。

高耐久性

流石金属製とも言うべきでしょうか、耐久性も非常に高く、キープレスに関しては7,000万回の耐久性を誇るとされており、落としたり水没させない限りなかなか壊れません。

キーボードは消耗品と言えども出来るだけ長く愛用したいので、一つのキーボードに慣れたらずっと使いたい!と言った要望の人でも安心して使用できます。

ラク
ラク
せっかく慣れたころに壊れるとつらいもんな~

カズ
カズ
それでいて買い替えようと思っても今まで使っていたのは生産中止・・・なんてこともあるし

デザイン

最後にデザインの面ですが、金属性でクールな感じを醸し出しており非常にかっこいいです。

中々こういったタイプのキーボードは見ないので珍しいと言った点でも評価できますね。

気になる点

次に気になる点です。

USBポートを二つ占領する

大抵のキーボードを含むデバイスは通常USBポート一つで接続可能です。

しかし何故かG413は二つのポートを必要としており、その分他のデバイスが接続しづらくなってしまいます。

G413 USBポート

それでいて何故か本体にポートを搭載しているのでわざわざポートを付けず、ケーブルを一つにしてくれとも思わなくないですw(技術的にこういう仕様になってしまったのかもしれませんが)

少し重い

金属製というだけあり、サイズの割には大きいです。

1kg近くあるので落下による事故やケガも十分に考えられます。

あまり高いところで使用せず、落ちないように工夫したほうが良いかもしれませんね。

チョロ
チョロ
落下注意でチュ!

安く手入するには

可能な限り製品の魅力を極力お伝えしてきました。もし購入したいと思われた場合、可能であれば極力安く購入したいですよね?

そんな方に向けて最後に、安く購入するための手法をいくつか紹介します。

プライム会員

プライム会員ではprimeのマークがある商品であれば送料無料で購入できます。

送料無料は馬鹿にできなく、年間10回程利用する方であれば、年会費の3,800円をさらっと回収できてしまいます。 もしまだプライム会員に入っていない方で、結構amazonで買い物をする方はこれを機に会員になってみるのも良いのではないでしょうか!

プライム会員であれば何回でも送料無料になるだけでなく、ビデオが見放題だったり書籍が買えたりとお得な特典が沢山あります。

また、最初の30日間はお試し期間で無料なのでその間だけ利用して気に入らなかったら退会することで年会費も発生しません。


筆者も数年前からずっとお世話になっていて、唯一年会費を払っても満足できるような制度だと思っているので気になる方は是非試してみてください!

クーポンの活用

amazonでは時期や条件を満たせばクーポンを使えることもあり、クーポンの中には15%OFFや1,000円OFFと言った破格なものもあるので見逃さないようにしましょう。

使い方は価格の下に現れるチェックボックスをクリックし、チェックを入れるだけの簡単なお仕事で利用できます。

キャンペーンを利用しよう

amazonで購入する場合はキャンペーンを、楽天で購入する場合は楽天カードを契約することでポイントが多くもらえたり割引が適応されたりします。

筆者も最近諸事情で楽天カードを登録したのですが、今まで溜まりづらかったポイントが一気に貯まるようになり、本を買ったりガソリンを入れたりとネットショッピング以外でも至る所でポイントが貯まりやすくなったのでお勧めします!

G413レビューまとめ

今回はG413についての情報をお届けいたしました。

G413は1万円前後と決して安いキーボードではありません。しかし性能はそのコストに見合ったもので様々なメリットがあります。

G413もゲーマー初心者が手を出すことはあまりお勧めできませんが、それなりにゲームを良くプレイする方~ハードゲーマーまで安心して使用できる代物だと思います!

カズ
カズ
因みに初心者の場合は同じロジクール製のG213とかオススメだよ!

 

スポンサーリンク