[RIVAL 700]レビュー/振動とディスプレイを兼ね備えた画期的なマウス

2019年6月30日

スポンサーリンク




こんにちは、TSです。

この記事ではSteelSeries社のマウス、Rival 700の性能や使い勝手に関してのレビューを行っていこうと思います。

Rival 700は振動機能を内蔵していたり、有機ELディスプレイが搭載されていたりして、一時期話題にもなったゲーミングマウスになります。

カズ
カズ
マウスにディスプレイって凄いね!?

外見や振動以外の機能についても詳しく紹介していこうと思うので、気になる方は是非参照してみてください!

created by Rinker
SteelSeries
¥11,535 (2019/08/24 10:38:29時点 Amazon調べ-詳細)

Rival 700について

Rival 700の大まかな概要を説明していきます。

パッケージ内容

まずパッケージ内容ですが、外箱を外すと上下にパカっと分かれる内箱が入っておりさすがSteelSeriesというべきか、こだわりを感じられます。

さらに内部を見ていくと、マウス本体に加えケーブルが2本入っています。

ケーブルはそれぞれ編み込み式とゴム製に分かれており、好みによって使い分けると良いでしょう。

スペック

メーカーの方から提示されているスペックは以下の通りです。

技術仕様
・有機ELディスプレイ
・リアルタイム通知
・交換可能な高性能ゲーミングセンサー
トラッキング
センサーPixArt 3360
解像度100~16,000dpi
最大加速50G
最大速度300 IPS
感応度
USBデータフォーマット未公開
USBレポートレート1,000 Hz (1ms)
マイクロプロセッサ32ビットARM
耐久性
左右ボタン6,000万回クリック

重さ

重さは本体のみで138gとなっていました。

小柄な見た目に反してそれなりに重量感がありますね。

サイズ

サイズは縦が12.5cm、横が6.5cmとなっており、小柄な部類に入ります。

つかみ持ちやつまみ持ちに向いていますね!

スポンサーリンク

RIVAL 700の特徴

基本的なスペック以外にもいろいろと特筆すべき特徴があるのでそのあたりを伝えていこうと思います。

デザイン

デザインとしてはエルゴノミクスに則り、持ちやすく長時間使用しても負担が少ない点にこだわった作りになっています。

マウス本体の左側が凹み、右側が突き出ているので右利き用で、持った時に手にフィットするような作りになっていることをお分かりいただけるかなと思います。

実際に持った画像もありますが、コンパクトで非常に持ちやすいです。

クリック音

クリック音は右クリック左クリックは軽い感じですが、サイドボタンは結構音が響きます。

詳しくは動画に挙げたので、ぜひ一度聞いてみてください。

光り方

光り方についても動画を撮りました。

RAZER社やLogicool社に比べると若干地味な気がしますが、その分振動機能があるのでイーブンということでw

ソール

ソールは図のように上に2ヶ所とした1ヶ所に貼られています。

そこまでソールの占める面積が大きいわけではありませんが、マウス自体がそれなりに重量級のため滑りにくく特に気になる点はありませんでした。

好きな文字を表示できる有機ELディスプレイ

マウスの本体側面には有機ELパネルがついており、制御ソフトによってその文字を変えることが可能です。

従来の製品はパネルが底面にあったため、わざわざマウスを持ち上げないと確認することが出来ずあまり意味をなしていませんでしたが、側面だとすぐに確認できて非常に嬉しい仕様になります。

中々マウスにディスプレイを搭載しようとする発想が思いつかないため、度肝を抜かれる斬新な発想ですね!

交換可能な各種パーツ

Rival 700は世界的に評価の高いPixArt3360を採用していますが、さらに高スペックなレーザーセンサーモジュールであるPixArt9800に変更することも可能です。

また、カバーも別売りのものに取り換えることが可能で、センサーの種類だけでなく、デザインや素材を変えてオリジナルのマウスを作り出すことも可能となっています。

人によってはシリコン製の物が良いだとか、滑り止め用に表面がツルツルしていないものが良いと言った要望もあると思うので、そられに対応できる点は非常に嬉しいですね!

振動にも対応

振動機能を搭載したマウスというのも他にほとんどなく非常に画期的な発想です。

FPS等で振動があるとプレイングの妨げになるのではと言った懸念もあるかもしれませんが、現状として邪魔にはならず、寧ろ臨場感が出てより一層ゲームに没頭できるようになります。

設定する際は統合ソフトウェアが別途必要になるため、後程URLを掲載させていただきます。

Rival 700の良い点気になる点

実際にRival 700を使ってみて良かった点、気になった点を書いていこうと思います。

良い点

特徴の面では有機ELディスプレイや振動機能など斬新な内容ばかり触れてきましたが、スペック面について触れていなかったのでここで詳しく書いていこうと思います。

まず、感度に関して16,000dpiとあるように、非常に感度が良く少しマウスを動かしただけでもかなりの距離を移動させることが可能です。

同じ16,000dpiで以前レビューさせていただいたRazer製のBasiliskよりも体感動いている感じがするので実際はもっと高い数字がある気もします。

また、高dpiマウスを使用しているとボタンやアイコンを押しづらく、押したつもりでいたのに違った場所で押してしまっていたと言ったアクシデントも多かったのですが、こちらのマウスではドンピシャで押せるのでその点での懸念事項も解消されました。

また、このサイズのマウスの中では重い方らしく、ハムスター3匹分の重さで扱いづらいと言った声もたまに見ましたが、滑ると言った事故も無くなり筆者的には嬉しいポイントでしたね!

チョロ
チョロ
ストレートに135gって書けでチュ!

気になる点

Rival 700で残念だったポイントとしてはウリの振動機能に対応しているタイトルが少なすぎると言った点です。

具体的には国内ではCS:GOとDota 2、あとはMinecraft(※MOD必須)のみという点で、折角の臨場感が味わえるゲームがほとんどない状態です。

筆者は思いきりMinecraftにMODを入れまくって遊んでいるので十分楽しめるのですが、今後は国内のゲームにももっと対応していくことを期待したいですね!

RIVAL 700の設定について

高機能なマウスですが、その本領を発揮するにはソフトウェアをインストールする必要があります。

ソフトをインストールしよう

Rival 700のディスプレイ設定を変える際はSteelSeriesが提供している無料ソフトを使用する必要があります。

設定自体は日本語で分かりやすくなっているので直感的に見て理解することができると思います。

ダウンロード&インストールは下記のURLから可能です。

SteelSeries Engine 3のソフトウェアをダウンロードして、WindowsでもMacでも最高のゲーミング体験を。

オンボード機能について

RIVAL 700はオンボード機能を搭載しており、マウス本体に情報を記録させることが可能です。

この機能を活かすことでハードが変わってしまっても設定を使いまわすことができ、環境を気にせず普段の慣れた設定で遊ぶことができます。

ディスプレイの表示を変えてみよう

RIVAL 700の特徴としてディスプレイ表示がありますが、こちらの表示も設定次第で変えることができます。

ドット絵で書くのに結構手間がかかりますが、オリジナル性が出せる部分でもあるので拘りたい場合は徹底的にこだわりましょう!

振動の設定

振動の設定もエンジンから行うことが可能です。

クリックしたときにどのような震え方がするかも設定できるので好きな震え方を選びましょう。

震え方は10種類程あります。

ラク
ラク
各ボタンごとに詳細に設定することもできるぜ!

安く手入するには

可能な限り製品の魅力を極力お伝えしてきました。もし購入したいと思われた場合、可能であれば極力安く購入したいですよね?

そんな方に向けて最後に、安く購入するための手法をいくつか紹介します。

プライム会員

プライム会員ではprimeのマークがある商品であれば送料無料で購入できます。

送料無料は馬鹿にできなく、年間10回程利用する方であれば、年会費の3,800円をさらっと回収できてしまいます。 もしまだプライム会員に入っていない方で、結構amazonで買い物をする方はこれを機に会員になってみるのも良いのではないでしょうか!

プライム会員であれば何回でも送料無料になるだけでなく、ビデオが見放題だったり書籍が買えたりとお得な特典が沢山あります。

また、最初の30日間はお試し期間で無料なのでその間だけ利用して気に入らなかったら退会することで年会費も発生しません。


筆者も数年前からずっとお世話になっていて、唯一年会費を払っても満足できるような制度だと思っているので気になる方は是非試してみてください!

クーポンの活用

amazonでは時期や条件を満たせばクーポンを使えることもあり、クーポンの中には15%OFFや1,000円OFFと言った破格なものもあるので見逃さないようにしましょう。

使い方は価格の下に現れるチェックボックスをクリックし、チェックを入れるだけの簡単なお仕事で利用できます。

キャンペーンを利用しよう

amazonで購入する場合はキャンペーンを、楽天で購入する場合は楽天カードを契約することでポイントが多くもらえたり割引が適応されたりします。

筆者も最近諸事情で楽天カードを登録したのですが、今まで溜まりづらかったポイントが一気に貯まるようになり、本を買ったりガソリンを入れたりとネットショッピング以外でも至る所でポイントが貯まりやすくなったのでお勧めします!

まとめ

今回はRival 700の紹介をさせて頂きました。

もし買おうかどうか気になっている方の助けになったのなら嬉しく思います。

created by Rinker
SteelSeries
¥11,535 (2019/08/24 10:38:29時点 Amazon調べ-詳細)

ついでに、Rival 700の性能を単純にあげた上位互換のRival 710も発売されました。

そちらの方が少し値は張りますが、耐久性や人間工学の面から人体に与える影響などは良くなっておりおすすめなので、お金に余裕がある方は考慮してみてください。

また、下記ページでは他のマウスの情報もまとめて紹介しています。気になる方は覗いてみてくださいね!

こんにちは、家にあるマウスが10個(生体含む)を超えてきそうなTSです!今回はゲームをプレイする際に使い勝手の良いおすすめのゲーミングマウスを紹介します!チュ?ちゅ?たしかに同じマウス(ネズミ)だけど・・・マウスと一口に言っても無線だったり安かったり、は...

スポンサーリンク








マウス

Posted by TS