[G403]レビュー/長時間使用しても疲れない!コスパも良い神マウス

2019年4月21日

スポンサーリンク




こんにちは、無線マウスから有線マウス、自分の意志で動き回るマウスなどあらゆるマウスを愛するTSです。

チョロ
チョロ
動き回るマウス・・・

カズ
カズ
最後のは違うマウスだよね・・・

手頃な価格で使い勝手の良いゲーミングマウスが欲しいと思い、アマゾンランキングをふと見ていたところ、上位に前々から気になっていたLogicool社のG403があったので思い切って購入しました。

まだ購入してからそこまで日は経っていませんが、使用してみて非常に使いやすく、それでいて価格の面でも手の出しやすかったので今回はその辺を中心に魅力をお伝えして行ければなと思います。

G403について

G403の基本的なデータを最初に書いておきます。

梱包内容

梱包されているのはマウス本体と10gのおもりになります。

G403の梱包内容

スペック

ブランドロジクール
メーカー型番G403
カラーブラック
OSWindows 10/8.1/8/7
センサーオプティカル(PMW3366)
DPI200-12,000
プログラム可能なGキー6
ライト1,680万色 RGB
レポートレート1

重さ

重さは90g、加えて10gのおもりを組み込むことで100gに変更することも可能です。

G403とおもり

おもりの取り外しは特にドライバーなど必要なく簡単に行えます。

サイズ

サイズは高さが12cm

G403の高さは12cm

横幅が6.5cmとなっています。

手の小さな筆者でも安心して持てるので、大きめのマウスは苦手!という方でも安心です。

G4o3を横から持った図

G4o3を持って上から見た図

特徴

次にG403ならではの特徴も見てみましょう。

光り方

光り方は1,680万色の組み合わせからなり、デフォルトでは常に色が変わる仕様です。

色を固定させたい場合はロジクールゲーミングソフトウェアによって設定することも可能です。

クリック音

それぞれのボタンのクリック音もyoutubeにアップしたので聞いてみてください。6つのボタンそれぞれが異なる音になっています。

他マウスとの比較

G403の大きさや重さが他のマウスと比べてどうなのかと言った比較を行おうと思ったのですが、手ごろなマウスがあまりなかったので以下の白いマウスで我慢してください。

G403ジャンガリアンとの比較

ぷりん
ぷりん
動き回るマウスの時点で嫌な予感しかしてなかったでちゅ(泣

良い点と気になる点

実際に使ってみて良かった点、気になった点なども紹介していきます。

良い点

まずは良い点からです。

長期使用しても疲れない

マウスのつくりとしてなだらかなカーブをしており、手を広くして持つ構造になっています。

G403の構造

そのため意識して手を置く必要が無く、軽く添えて動かすだけで良いので手に負担がかからず、また、重さも90gと非常に軽いため滑らせることが可能となっています。

軽く触れるだけでも操作できるのですぐに手が疲れてしまう方にもおすすめできます。

カズ
カズ
負担がかからないから長く使っても疲れないね!

カスタマイズ性が広い

DPIはゲームに合わせて100~12,000まで幅広く設定することが可能で、ポーリングレートは125/250/500/1000の中から選択できます。

そのためあらゆるゲームに対応できる点が非常に魅力的です。

ラク
ラク
FPSからMMOまで幅広く対応してるぜ!

また、6つのボタンは設定を保存することが可能なため、たとえPCが変わるなどの環境が異なってもいちいちPC側で設定を弄ることなく同じ設定で使いまわすことが可能になっています。

コスパが良い

最大DPI12,000だったり、ボタンの数、プログラミング機能などの点から考えるとそれだけの機能を搭載していて5,000円未満は非常に安いと思います。

特にゲーミングマウスでは1万円をゆうにこえるような製品も多く、それらに対して殆ど引けを取らないので出費を最小限に抑えたい場合は非常に財布にも優しいと言えます。

気になる点

次に気になる点についても触れてみます。

誤クリックを起こしやすい

マウスのクリックが非常に軽く、力を入れずにクリックできるのは良いのですが、当たってしまって誤クリックを誘発してしまうことが度々ありました。

特に左側面のボタン二つは握った拍子に親指に当たりクリックしてしまい何度ブラウザバックしてしまったか分かりません。(と言っている間にも誤クリックしてしまいました;)

側面部分は特に誤クリックしても問題ないようなボタンの割り当てをしておくことをお勧めします。

PCとソフトが無いと設定できない

G403の機能としてプログラミング可能なボタンや光のカラー設定などカスタマイズの幅が非常に嬉しいところですが、これらの設定を行うにはロジクールのソフトウェアが必要になってきます。

ソフトウェア自体はネットで無料配信していますが、それを使用するためにPCも必要でなので家にPCが無いという場合はあるところで借りる、または新規に購入する必要があります。

安く手入するには

可能な限り製品の魅力を極力お伝えしてきました。もし購入したいと思われた場合、可能であれば極力安く購入したいですよね?

そんな方に向けて最後に、安く購入するための手法をいくつか紹介します。

プライム会員

プライム会員ではprimeのマークがある商品であれば送料無料で購入できます。

送料無料は馬鹿にできなく、年間10回程利用する方であれば、年会費の3,800円をさらっと回収できてしまいます。 もしまだプライム会員に入っていない方で、結構amazonで買い物をする方はこれを機に会員になってみるのも良いのではないでしょうか!

プライム会員であれば何回でも送料無料になるだけでなく、ビデオが見放題だったり書籍が買えたりとお得な特典が沢山あります。

また、最初の30日間はお試し期間で無料なのでその間だけ利用して気に入らなかったら退会することで年会費も発生しません。


筆者も数年前からずっとお世話になっていて、唯一年会費を払っても満足できるような制度だと思っているので気になる方は是非試してみてください!

クーポンの活用

amazonでは時期や条件を満たせばクーポンを使えることもあり、クーポンの中には15%OFFや1,000円OFFと言った破格なものもあるので見逃さないようにしましょう。

使い方は価格の下に現れるチェックボックスをクリックし、チェックを入れるだけの簡単なお仕事で利用できます。

キャンペーンを利用しよう

amazonで購入する場合はキャンペーンを、楽天で購入する場合は楽天カードを契約することでポイントが多くもらえたり割引が適応されたりします。

筆者も最近諸事情で楽天カードを登録したのですが、今まで溜まりづらかったポイントが一気に貯まるようになり、本を買ったりガソリンを入れたりとネットショッピング以外でも至る所でポイントが貯まりやすくなったのでお勧めします!

G403レビューまとめ

今回はG403についてのレビュー記事になりました。

今までゲーミングマウスはあまり触っておらず、通常のマウスばかりだったため少しの不安もありましたが、購入した初日にその不安は吹き飛びました。

ゲーム用としても通常の作業用としても使い勝手の良いマウスです。

カズ
カズ
是非一度手にしてみてね!

スポンサーリンク








マウス

Posted by TS