[RTX 2070 SUPER]レビュー・性能/ガレリア XFにも搭載されているグラボの性能に迫る!

スポンサーリンク




GALLERIA-XFのグラフィックボード

こんにちは、TSです!

今回紹介するグラボは以前レビューさせていただいたガレリア XFにも搭載されているRTX 2070 SUPERについてレビューしていこうと思います。

気になるポイントとしては価格・性能・類似品との比較だと思うので、そのあたりを掘り下げたうえで有名どころのゲームのベンチマークも掲載していこうと思います!

カズ
カズ
通常のRTX 2060 SUPERやRTX 2080 SUPERとの違いも必見!

RTX 2070 SUPERについて

最初に、RTX 2070 SUPERの大まかな概要について見ていきましょう。

概要

2019年7月に発売されたRTX 2070 SUPERは5万円台で購入可能なグラフィックボードで、現在リリースされている大抵のゲームを高画質設定で遊ぶことが出来ます。

ドスパラで売上No.1のガレリア XFにも搭載されていることからその人気も伺うことができ、さらに上位モデルのRTX 2080 SUPERとは価格こそ数万単位で違うものの、ほぼに通ったスコアを出すこともできるのでコスパの良いグラフィックボードと言えます。

発熱量が気になるところですが、しっかりとデュアルファンを搭載しており、効率よく冷やせるため排熱の観点からも安心できる1台になります。

公式サイト

当グラフィックボードの公式サイトは以下になります。

更にくわしく知りたい!という方は是非ご覧になって下さい!

スペック

メーカーから提示されているスペックの中でも特に注目すべきポイントについて、抜粋しました。

GPUエンジンの仕様
CUDAコア 2560
Giga レイ/秒 7
ブースト クロック 1770 MHz
ベース クロック 1605 MHz
メモリ仕様
メモリ速度 14 Gbps
標準メモリ構成 8GB GDDR6
メモリインターフェイス幅 256-ビット
メモリ帯域幅 448 GB/秒
テクノロジ サポート
レイトレーシング 対応
Tensor コア 対応
NVIDIA DLSS 対応
NVIDIA Adaptive Shading 対応
NVIDIA® GeForce Experience 対応
NVIDIA Ansel 対応
NVIDIA Highlights 対応
NVIDIA G-SYNC® Compatible 対応
NVIDIA GPU Boost 4
NVIDIA NVLink (SLI-Ready) 対応 – NVIDIA RTX NVLink Bridge を使用
Game Ready ドライバー 対応
Microsoft DirectX® 12 レイトレーシング 対応
Vulkan RT API、OpenGL 4.6 対応
DisplayPort 1.4、HDMI 2.0b 対応
HDCP 2.2 対応
VR Ready 対応
NVIDIA Encoder (NVENC) 対応 (Turing)
ディスプレイのサポート
最大デジタル解像度 7680×4320
標準ディスプレイ コネクター DisplayPort、HDMI
マルチ モニター 4
HDCP 2.2
グラフィックカードの寸法
高さ 4.556インチ(11.57cm)
長さ 10.5インチ(26.674cm)
2スロット
温度および電力の仕様
最高 GPU 温度 88度
グラフィックス カード電力 215W
推奨システム電力 650W
補助電源コネクター 6-pin + 8-pin

その他のグラボとの比較

似たようなスペックの物として、RTX 2060 SUPERと RTX 2070との比較も載せておきます。

RTX 2060 SUPER RTX 2070 SUPER RTX 2080 SUPER
CUDAコア数 2176基 2560基 3072基
コアクロック 1470 MHz 1605 MHz 1650 MHz
ブーストクロック 1650 MHz 1770 MHz 1815 MHz
GPUメモリ 8GB 8GB 8GB
TDP 175W 215W 250W
VRAM規格 GDDR6 GDDR6 GDDR6
VRAM帯域幅 448 GB/s 448 GB/s 496 GB/s

表から分かる通り、RTX 2060 SUPERよりもRTX 2080 SUPERに性能的に近く、それでいて価格は倍近く変わってきます。

VRAM規格としても最新のGDDR6を搭載しており非常に早くオススメ出来ますね♪

カズ
カズ
後からも触れるけど、ほとんどのゲームがこれでヌルヌル動くから気にならないよ!

スポンサーリンク

RTX 2070 SUPERの特徴

スペックを確認したので、次に外観やインターフェースも見てみましょう。

インターフェースは以下の通り

DisplayPort x 3 (v1.4)とHDMI 2.0b x 1が搭載が搭載されており、4つまで出力できますね!

キュー
キュー
しいて言うならHDMIポートを4つにしてほしかったな

ファン

ファンは2つ搭載されています。

更に上位の冷やすことに特化したwhiteモデルと呼ばれるものでは3つに増えており、一層効率的に冷やせる構造となっていますね。

 

ラク
ラク
温度は設定によっては80度後半まで上がるから、心配な人はこっちの方が良いな!

バスタイプ

バスタイプはPCI-3.0のレーン数16となっており、他のグラボと同様の物になっています。

特段このマザーボードでないと利用できない、といったことは無いのでご安心下さい。

給電ポート

給電ポートは8-pinが1つと、6-pinが1つになっています。

650Wの電源であれば基本的にピンが足りないことは無いので併せて用意しておくと良いでしょう!

キュー
キュー
電力足りんと最悪動かんから、ここはしっかり選ぼう!

RTX 2060 SUPERのベンチマーク

実際にいくつかのゲームでベンチマークはどのようになっているかもまとめてみました!

カズ
カズ
有名どころのゲームがいっぱい♪

環境

環境は以下の物とします。(Galleria-XF)

テスト環境
CPU インテル Core i7-9700K
M/B インテル B365 チップセット ATXマザーボード
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
ストレージ Intel 512GB NVMe SSD (660pシリーズ, M.2, QLC)
電源ユニット 650W BRONZE
OS Windows 10 Home 64ビット

平均スコア

平均スコアはRTX 2070 SUPERと近しいスペックのグラフィックボードで比較しており、複数タイトルの平均を取ったものになります。

このようにしてみても、RTX 2080 SUPERやGTX 1080 Tiに迫る勢いだと分かりますね。

この先は別途、それぞれのゲームでの動作を見ていきます。

MineCraft

設定 シングル+バニラ シングル+mod マルチ+バニラ マルチ+mod
快適度

かの有名なマインクラフトでは上記の様に、RTX 2070 SUPERであればシングルであろうとマルチであろうとmodを入れていても快適な環境で遊べました。

唯一マルチでmodを入れた時に若干のカクツキを感じましたが、これはどちらかというとPCのメモリの問題なので増設すれば解消できると言えますね。

マイクラしかしない、という場合はむしろオーバースペックになることも考えられるので、GTX 1660 SUPER等さらに価格を落としても十分楽しめます。

カズ
カズ
これ以外のゲームもするかどうかで決めよう♪

PUBG

設定
平均フレームレート 155fps 180fps 220fps

PUBGにおいては高画質に設定しても平均フレームレートが144fpsを超えており快適に遊べます。

特にこの手のゲームでは一瞬の遅延やラグも命取りになってしまうのでそのリスクを回避できる点ではオススメ出来るスペックとなっています!

ラク
ラク
さらに上の240fpsを目指す!となると少々厳しいけど、そうなってくると予算が倍以上かかることは覚悟しないとな

フォートナイト

設定 最高
平均フレームレート 160fps 200fps 240fps 350fps

比較的軽いとされるフォートナイトもマイクラ同様、若干のオーバースペック気味であることが否めません。

特に最高(フルHD)設定で遊ぶ!という場合以外は能力を持て余してしまう可能性も十分に考えられます。

設定
平均フレームレート 180fps 240fps 270fps

APEX Legendsに関しても4KやフルHDで快適に遊ぶことが可能です。

こちらは逆に性能を下げてしまうとラグが目立つようになってくるので、RTX 2070 SUPERが快適に遊べるギリギリのラインだと言えますね!

ラク
ラク
どれを見ても基本このRTX 2070 SUPERで何とかなりそうだな!

RTX 2070 SUPERの強みと弱み

RTX 2070 SUPERの強みや弱みをポイントに分けて紹介します。

強み

最初に強みの方から見ていきましょう。

冷却性に優れる

筆者もGalleria XFで長時間遊ばせていただきましたが、高性能のグラボにありがちなコイル鳴きは無く、よほど負荷を掛けない限り2つのファンによる冷却効果によって60度くらいに収まります。

特に夏場の熱によるトラブルを避けられるので安心ですね!

ラク
ラク
最高でも90度行かないグラボだから長時間使用にも適応してるな!

4Kにも対応

グラボを選ぶ上で重要なポイントとして、4K出力できるかどうかは大きな課題ではないでしょうか。

RTX 2070 SUPERでは4Kにももちろん対応しており、臨場感あふれる高画質を楽しむことが出来ます。

加えて4つのモニターに出力できるため作業スペースを広めると言った利点もあります!

対応ゲームが非常に多い

最も重いとされるMMO、黒い砂漠でもスムーズに動き、上記の通りいくつかの有名ゲームでも画質を高に設定してもぬるぬると動いてくれました。

そのため対応ゲームは非常に多く、逆にこのグラボを用いても遊べないゲームを探す方が困難(というかほぼ皆無)です。

カズ
カズ
今後はまだわからないけど、2~3年は大丈夫そう!

弱み

一方で弱みについても挙げてみます。

そこそこ幅を取る

RTX 2070 SUPERは10インチ以上の長さがあり結構幅を取ります。

そのためフルタワーを用意する必要がありコンパクトサイズのケースでは物理的に挿せないこともあります。

予め購入前にサイズが入るかどうかを吟味して選ぶようにしましょう。

負荷を掛けた際のファンの音が気になる

普段はそこまで気にならない音ですが、最高画質でFPSを起動させたりすると時々音が気になることがあります。

冷却性に優れており、冷やすための力を割いているのは仕方ない事ですが、音量を大きくして音をかき消したり、ヘッドセット等で聞こえなくする工夫は必要ですね。

RTX 2070 SUPERの口コミ

筆者以外で実際にRTX 2070 SUPERを使用されている方のレビューや口コミもまとめてみました。

スペックが違うだけあり厚さや重さも2060 SUPERよりボリューミーになっています。

最近では2080SUPERが発売されたこともあり、安くなっていたりもします!

カズ
カズ
これはお買い得だね♪

RTX 2070 SUPERのよくある質問

無負荷時にファンは停止しますか?
(ゲーミングモデルについてはわかりませんが)ホワイトモデルについては停止することを確認しています。
スタンダードモデルとゲーミングモデルの違いはなんですか?
多分クロックの高さが違うだけだと思います
itxケースで使いたいので、ホワイトモデルの具体的なサイズ教えてください
ケース外に出ることになる金属のブラケット部分を含まない寸法で「294 x 129 x 51 mm」(https://www.kuroutoshikou.com/product/graphics_bord/nvidia/gk-rtx2070sp-e8gb_white_tp/)です。わたしはmicroATXケース(Define mini C)で使っていますが、かなりピッタリのサイズ感で、ケース前面ファンまでおよそ2cmを残すのみとなっていますので、典型的なITXケースでの搭載は難しいように思います。
LED制御は出来ますか?
専用ソフトでできますよ

お得にお買い物をしよう♪

可能な限り製品の魅力を極力お伝えしてきました。

もし購入したいと思われた場合、可能であれば極力安く購入したいですよね?

そんな方に向けて最後に、安く購入するための手法をいくつか紹介します。

プライム会員

プライム会員ではprimeのマークがある商品であれば送料無料で購入できます。

送料無料は馬鹿にできなく、年間10回程利用する方であれば、年会費の5,000円弱をさらっと回収できてしまいます。

もしまだプライム会員に入っていない方で、結構amazonで買い物をする方はこれを機に会員になってみるのも良いのではないでしょうか!

プライム会員であれば何回でも送料無料になるだけでなく、ビデオが見放題だったり書籍が買えたりとお得な特典が沢山あります。

また、最初の30日間はお試し期間で無料なのでその間だけ利用して気に入らなかったら退会することで年会費も発生しません。


筆者も数年前からずっとお世話になっていて、唯一年会費を払っても満足できるような制度だと思っているので気になる方は是非試してみてください!

クーポンの活用

amazonでは時期や条件を満たせばクーポンを使えることもあり、クーポンの中には15%OFFや1,000円OFFと言った破格なものもあるので見逃さないようにしましょう。

使い方は価格の下に現れるチェックボックスをクリックし、チェックを入れるだけの簡単なお仕事で利用できます。

カードでお得に!

楽天で購入する場合は楽天カードを契約することでポイントが多くもらえたり割引が適応されたりします。

筆者も最近諸事情で楽天カードを登録したのですが、今まで溜まりづらかったポイントが一気に貯まるようになり、本を買ったりガソリンを入れたりとネットショッピング以外でも至る所でポイントが貯まりやすくなったのでお勧めします!

まとめ

今回はGalleria XFにも搭載されているハイスペックグラボ、RTX 2070 SUPERのレビュー記事になりました!

現在リリースされているゲームのほとんどをプレイ可能で、他の高性能グラボよりも簡単に入手できるので有力な候補の1つとなりますね!

ラク
ラク
消費電力の点からもそこまで費用が掛からないぜ!

スポンサーリンク