[RIVAL 310]レビュー/FPS向けの機能特化型マウス

スポンサーリンク




こんにちは、マウス愛好家のTSです。

チョロ
チョロ
チュ

ぷりん
ぷりん
ちゅ

今回はFPS特化の進化を重ねてきたRIVAL 310についてのレビューを行っていこうと思います。

ゲーミングマウスの中でもかなり人気な部類で、売れ筋ランキングでも上位のため、一度触って頂きたい品になります。

改めてその魅力を伝えていこうと思うので、購入を検討中の方はぜひ参考にしてください!

ちなみに筆者が所有しているものはCSGOと呼ばれるデザインですが、通常のデザインと比較して変わるのは見た目だけでスペックや重さなどは一切変わりないのでご安心ください。

RIVAL 310について

最初にRIVAL 310のパッケージ内容やメーカが出しているデータを見ていきましょう。

パッケージ内容

パッケージ内容としては箱をスライドさせると内箱があり、その中にマウス本体と説明書が収納されています。

スペック

本製品のメーカ側から提示されているスペックです。

線タイプ有線
搭載センサーTrueMove 3 Sensor/光学センサ
対応DPI100~12,000
ポーリングレート(Hz)125/250/500/1,000
トラッキング速度350 ips
加速度50 G
リフトオブディスタンス1.2mm
オンボードメモリ6つ/対応
LED点灯1,680万色

重さ

本体の重さはケーブル抜きで96gとなっています。

RIVAL 310 重さ

比較的に軽い部類なので腕や肩にかかる負担は少ないです。

サイズ

サイズは縦が約13cm

幅が7cm

高さが約4cmとなっています。

握ってみた感覚として手にフィットする感覚で、筆者のように手が小さい場合でも難なくクリックすることができます

カズ
カズ
軽くて小さいから女性にもおすすめ♪

スポンサーリンク

RIVAL 310の特徴

このRIVAL 310をさらに詳しく見ていきましょう。

クリック音・ボタン

まずクリックの音と感覚ですが、乾いたような感じでカチッカチッと鳴ります。

通話などで気になるレベルではありませんが、マイクの感度が高いものだと拾ってしまうこともあるため、実況者などは感度を調整しておいた方が良いかもしれません。

百読は一聞に如かずと言うので一度クリック音は聞いてみてください。

キュー
キュー
いわねーよ。


決して軽いわけではないのですが連打はしやすく、クリックボタンがセパレートになっているため、ボタンのどこを押しても同じ押下圧でクリックできるのが良いですね。

DPI変更ボタンは位置も押すときの強さも何ら問題なく使用しやすく、サイドボタンに関しても親指で簡単に押せる位置づけなのでよい設計だと思います。

クリック感もしっかりしており押すときに握り直しなどの意識をしなくてよい点は素晴らしいです。

ホイール

ホイールは軽くて回しやすく、上の動画でもあるようにクリックしたときはコツッとした感覚がします。

ホイール部分のくぼみも良い感じで滑り止めになっており、軽く触れるだけで回すことができます。

RIVAL 310 ホイール

ソール

ソールは下に二か所と上に一か所の計3か所になっています。

ソールの位置もFPSプレイヤーの方では特にこだわる方もいらっしゃると伺うのでぜひ画像を参考にしてください。

RIVAL 310 ソール

センサー

マウスのセンサーには光学センサーの中でも非常に性能の良いとされているPixart製のセンサー「PMW3360」に独自のチューニングを施した「TrueMove3」が用いられており、極めて優れたトラッキング性能を実現しています。

実際に使ってみるとわかりますが、カーソルの動きのキレがよく、ゲームだけでなくマウスで絵を描くなど緻密な作業にも十分に使えると実感しました。

ケーブル

ケーブルは細いビニールタイプで編み込みではありません。

RIVAL 310 ケーブル

ビニールのメリットとしては摩擦が少なくしなやかなのでストレスが感じにくいという一方、耐久性の面で不安という方も多い方と思います。

ここは完全に好みなので人によっては分かれるところだと思います。

RIVAL 310の使い方

次にRIVAL 310の細かな設定を見ていきます。

ソフトをインストールしよう

RIVAL 310を設定するためにはSteel Series Engine 3と呼ばれるものが必要になります。

以下のURLからダウンロードしましょう。

SteelSeries Engine 3のソフトウェアをダウンロードして、WindowsでもMacでも最高のゲーミング体験を。

こちらのソフトですが、他のサイト見る限りでは設定が難しいとのことだったのですが、実際どうなのか、細かな設定をしながら見ていきたいと思います。

基本設定

DPIの設定とボタンの割り当て、マウスの感度設定などは直感的に触れるように感じました。

RIVAL 310 設定

加速度などをいじると即座に反映されるので、自分に合った動きになるまでとことん拘ることができそうです。

感度は100~12,000まで100ずつ設定可能で、ポーリングレートは125/250/500/1,000の4段階設定が可能です。

ボタン割り当て

実際に割り当てられるボタンは1~6とスクロールアップ、ダウンの計8つになりますが、スクロールや上下のクリックはあまり割り当てることがない(割り当てると操作が難しくなる)ので、実質4つのボタンに設定を割り当てることになります。

RIVAL 310 ボタン割り当て

Logicoolやrazerの場合、ここの割り当てでブラウザの「すすむ」だったり「戻る」だったり、はたまたコピーやペーストを設定できるのでそのあたりは確かに難儀に感じました。

マクロエディター

マクロエディターではキーの入力をマウスに記録させマクロを発動させることが可能です。

RIVAL 310 マクロ

一通り入力し、キーの入力の間隔を後からいじることももちろんできるので使い勝手がいいですね。

LED調整

マウスの光り方に関するLED調整ですが、こちらはシンプルに設定することが可能で、光り方も5種類から選ぶことができるので十分にカスタマイズ性があると言えます。

RIVAL 310 LED

難点

これだけ見ていると確かにボタン割り当てのところで難があるように思えますがそれ以外は使いやすく非常に良いソフトウェアのように思えます。

ではどの辺が難点があるかというと以下の二点が挙げられます。

プロフィールとアプリの連携

このソフトはアプリ(ゲーム)ごとに設定を紐づけることができるそうなのですが、少し試してみたところうまく機能してくれず動いてくれませんでした。

オンボードメモリ

オンボードメモリとはマウス側に情報を記憶させデバイスが変わっても設定を保持できるものになりますが、このマウスはオンボードメモリ対応とされているにもかかわらずうまいこと記録が保持されていませんでした。

設定がうまくできていないのかもしれませんが、ネットで探しても有用な情報がなく始終本当にできるの?と疑問なままでした。

RIVAL 310の良い点と気になる点

では実際に使ってみて改めて良かった点、悪かった点をまとめてみたいと思います。

良い点

まずは良い点から

つかみやすい

マウスの形を見てもわかるように、全体的にフォルムが右に伸び、左に出っ張るような形をしており、持ってみるとピッタリと手にフィットしやすい形状になっています。

RIVAL 310 フォルム

これは今はやりの人間工学に基づいた設計になっており、長時間持っていても疲れない、負担が少ないといった考えのもと作られたもので実際手に対してかかる負担は少なく感じています。

横から見ても高さ4cmとかなり抑えられており、手首に変な角度から力がかからなくなるので疲れにくくなっています。

RIVAL 310 側面

さらにラバーも良い感じで程よい吸衝性があり思わず力が入ってしまっても後から手が痛い・・・なんてことがあまりないです。

最大DPI12,000まで対応

マウスの感度はDPI12,000まで対応しており、100区切りで設定できるのでカスタマイズ野幅が広いです。

最近のマウスではDPI16,000以上に対応しているものもありますが、ぶっちゃけ10,000超えているスペックがあればほとんどのゲームで対応可能で、それ以上を求めなければいけないシチュエーションはあまり無いように思えます。

広い範囲で対応できるマウスで切り替えもできるのは魅力的ですね。

高性能センサー「TrueMove3」を搭載

DPI800の場合においてのセンサーの精度を図るため、カーソル追従性とポインタ飛びについてMouseTesterを用いて検証してみました。

RIVAL 310 追従性

右に素早く、左に素早く、右にゆっくり、左にゆっくりの順で動かした感じですが、ポインタが飛ぶようなことはなく、カーソルの追従性としてもポインタに寄り添うような形でグラフを書いていることがわかります。

ほかの製品でもこのようなスコアを出せるマウスは少ないので、性能の面では確かに相当高いと言えますね。

ラク
ラク
これ以上のスペックだとRAZER社のMAMBAとかになるけど1万余裕で超えるからな・・・

気になる点

次に気になる点です。

グリップがはがれやすい

まず残念なのがグリップの剥がれやすさで、ネットを見る限りでもかなりの確率でこの現象が起きているそうです。

筆者も結構気を付けていたのですが、購入3ヵ月でこのようになってしまったので防ぎようのないものかもしれません。

ただ、接着剤さえあれば簡単に修理できるので剥がれること前提であらかじめ用意しておいてもよいかもしれません。

created by Rinker
コニシ(Konishi)
¥200 (2019/08/22 13:38:18時点 Amazon調べ-詳細)

ラク
ラク
一回強力なもので止めてしまえばあとは安心だな

右利き特化

形状を見てわかるように右利きの方のために作られており左右対称ではないので左手で使うことはできません。

中には左利き専用のマウスもあってよいと思うのですが、なかなかないですね・・・w

ソフトウェアが残念

やっぱり多くの方がおっしゃるように、ハードは良くてもソフトウェアは少し残念です。

あらかじめできると公式が公言しているオンボード機能やアプリと設定の連携機能がうまく動かないのはいただけません。

ただその点を除くとソフトウェア自体も決して使いづらいものではないので過度に期待しなければ良いのですがw

キュー
キュー
ソフトウェアに期待しすぎるのは禁物や

安く手入するには

可能な限り製品の魅力を極力お伝えしてきました。もし購入したいと思われた場合、可能であれば極力安く購入したいですよね?

そんな方に向けて最後に、安く購入するための手法をいくつか紹介します。

プライム会員

プライム会員ではprimeのマークがある商品であれば送料無料で購入できます。

送料無料は馬鹿にできなく、年間10回程利用する方であれば、年会費の3,800円をさらっと回収できてしまいます。 もしまだプライム会員に入っていない方で、結構amazonで買い物をする方はこれを機に会員になってみるのも良いのではないでしょうか!

プライム会員であれば何回でも送料無料になるだけでなく、ビデオが見放題だったり書籍が買えたりとお得な特典が沢山あります。

また、最初の30日間はお試し期間で無料なのでその間だけ利用して気に入らなかったら退会することで年会費も発生しません。


筆者も数年前からずっとお世話になっていて、唯一年会費を払っても満足できるような制度だと思っているので気になる方は是非試してみてください!

クーポンの活用

amazonでは時期や条件を満たせばクーポンを使えることもあり、クーポンの中には15%OFFや1,000円OFFと言った破格なものもあるので見逃さないようにしましょう。

使い方は価格の下に現れるチェックボックスをクリックし、チェックを入れるだけの簡単なお仕事で利用できます。

キャンペーンを利用しよう

amazonで購入する場合はキャンペーンを、楽天で購入する場合は楽天カードを契約することでポイントが多くもらえたり割引が適応されたりします。

筆者も最近諸事情で楽天カードを登録したのですが、今まで溜まりづらかったポイントが一気に貯まるようになり、本を買ったりガソリンを入れたりとネットショッピング以外でも至る所でポイントが貯まりやすくなったのでお勧めします!

RIVAL 310レビューまとめ

ソフトの面では確かに不満点も多いマウスですが、使い勝手、機能、カスタマイズ性、それに加えて価格も7千円前後で購入できてしまうというのは非常に魅力的で購入検討するに値するマウスだと思っています。

特にセンサに関しては他社の追随を許さないレベルで素晴らしいので、FPS初心者にも自信を持ってお勧めできるマウスの一つです!

カズ
カズ
デザインも色々あるから好みのものを選んでね!

また、オススメできるゲーミングマウスを独自にまとめた記事もあるので是非一度目を通してみてください。

こんにちは、家にあるマウスが10個(生体含む)を超えてきそうなTSです!今回はゲームをプレイする際に使い勝手の良いおすすめのゲーミングマウスを紹介します!チュ?ちゅ?たしかに同じマウス(ネズミ)だけど・・・マウスと一口に言っても無線だったり安かったり、は...

スポンサーリンク








マウス

Posted by TS