ゲーミングマウスおすすめ!fps向けや無線・コスパが良いものまで色々!

スポンサーリンク
今回はゲームをプレイする際に使い勝手の良いおすすめのゲーミングマウスを紹介します!

チョロ
チュ?

ぷりん
ちゅ?

カズ
たしかに同じマウス(ネズミ)だけど・・・

マウスと一口に言っても無線だったり安かったり、はたまた感度を調整出来たりハムスターだったりと色々あります。

ここでは色々な視点から見てお勧めできるマウスを分類してそれぞれ紹介していきます。

ゲーミングマウスとは

ゲーミングマウスと普通のマウスって違うの?という素朴な疑問があるかと思います。

ゲーミングマウスならではの機能や操作性があるので、普通のマウスとの違いも事細かに説明していこうと思います。

ボタンが複数あり高性能

ゲーミングマウスはキーボードだけでなく、マウスだけでも入力できるような構造になっておりボタンが複数ついていることもあります。

マウスだけで操作できる場合もあるので、ボダンがいくつあるか、どの位置に合って操作性はどうかも吟味して選ぶ必要があります。

感度が高い

ゲーミングマウスは少しの操作でも敏感に反応するものが多く、FPS等に向いた作りになっていることが多いです。

そのため、ゲーミングマウスを通常のマウスと同じようにネットサーフィンや業務で使おうとすると感度が高すぎて使いづらい事もあるので、ゲーム用と業務用は分けて持っておいた方が良いです。

見た目がハデ

見た目がハデでかっこいいものも多いです。

一般的に尖っているものやLEDでチカチカしているものが多く、ゲーマー魂をくすぐるとともに、実際握ったときのフィット感も良く性能面でもいうことがないので素晴らしいです。

ゲーミングマウスの選び方

筆者は今までいくつかのゲーミングマウスを触ってきましたが、使いやすいものや使いにくいものがきっぱりと別れたのでその基準や、どこに重点を置いたほうが良いかについて詳しく説明していこうと思います。

操作性

感度が良いものやクリックのしやすさ、ボタンの配置などは実際に触ってみたりレビューを見たりしながら選ぶのが良いでしょう。

とはいえネット上で購入する場合は実際に触るのは難しいので、近くのPCショップへ行ってみてみたり、レビューを参考にしながら探すしかありません。

あまりにも操作しづらい場合は返品もできるので、一度使って合う合わないを自身で判断してみてください。

ボタン数

ボタン数は可能な限り多いほうが良いと感じています。

特にMMORPGでは強くなればなるほどスキルが増えていくため、キーボードだけだと割り当てきれなくなってしまい、足りないキーをマウスに割り当てることで補うことができます。

また、FPSでもそれぞれのコマンドを割り当てることで瞬間的な操作を可能とし、プレイの幅が広がります。

オンボードメモリ機能

オンボードメモリ機能とはPC上でボタンの割り当てを行うのではなくマウスの方に設定を行う機能の事です。

この機能を搭載したマウスを用いれば、PCが壊れてしまったり、環境が変わってしまったりした場合でもマウス1つ持っていけば同じ設定でゲームをプレイできるためいちいちPC側で設定すると言った手間を省くことがあります。

デザイン

デザインは多種多様で見た目にこだわったものから操作性にこだわったものまで色々あり、筆者も最初は奇抜なデザインの物を好んで使っていました。

しかしやはり手に掛かる負担を考えると、そこまで凝ったものではなく手にフィットした物を選んだほうが長時間プレイにも対応できますし、ストレスフリーに遊べます。

あまり見た目にこだわり過ぎない方が良いですね。

価格

価格は2,000~10,000円あたりの物が多く、よほどの代物ではない限りこの辺に入るかと思います。

2,000円の物でもゲームによっては十分遊べますが、良いメーカーの物で保証や機能がしっかりしているものは5,000円以上になることもあります。

長い間使い続けられるか、ゲームを最適にプレイできるかを考えると初期費用をケチって最終的に公開するより機能面で選んだほうが良いので、少々値が張っても目を瞑りましょう。

有線・無線

有線無線のマウスそれぞれにメリット・デメリットがあります。

有線の場合は電池が要らない事、紛失の恐れが少ないことがメリットで、配線の関係上絡まる可能性がある事がデメリットです。

無線の場合は別途電池が必要と言ったデメリットがある代わりに線がないため机回りをスッキリさせられると言ったメリットがあります。

筆者は無線派ですが、これは人によって好き嫌いが分かれると思うのでどちらが良いとは一概に言えません。

メーカー

ゲーミングマウスを取り扱うメーカーは沢山ありますが、その中でもおすすめは以下の5社になります。

それぞれの製品に特長があるので説明していきます。

Logicool

ロジクールは人々の日々の生活に役立つ製品をデザインし、音楽、ゲーミング、ビデオ、スマートホーム、およびコンピューティングでの新しい体験を生み出します。日本

Logicoolはマウスだけでなくキーボードやリモコン、スピーカーと言った周辺機器を取り扱うメーカーです。

デザインよりも性能にこだわった形状のものが多く、握ったときの手にかかる負担が少なく長時間プレイしても疲れない造りが特徴です。

Razer

RazerはカラーオプションでLEDによって色を変えられたり、見た目がカッコいいと言った中二心をくすぐる製品が多いメーカーです。

性能も高いですが、その分ちょっとお高い製品が多いです。

CORSAIR

CORSAIRは自作PCのパーツを取り扱っているメーカーで、自作した経験がある方はご存知の方も多いかと思います。

このメーカーのマウスはボタンが多く搭載されているマウスが多いです。

STEELSERIES

キーボード、コントローラー、ヘッドセット、マウスなどのゲーミング周辺機器のトッププロバイダーであるSteelSeriesは、eSportsのリーダー的な存在です。

ヘッドセットのArctisシリーズも非常に有名で、PCやPS4でお世話になっている方も多いと思われるSteelSeriesです。

こちらの製品は種類が豊富で、デザイン特化の物からボタンが多数ついている形式のものまで選択の幅が非常に広いです!

Kingston

Kingston は、信頼できる SD カード、SSD ドライブ、メモリモジュール、および USB フラッシュドライブを、一般ユーザー、ビジネス、企業およびシステムビルダーに提供しています。

PCメモリで有名なメーカーで、ヘッドセット等も取り扱っている会社です。

マウスは割とシックな雰囲気の物が多く、業務用として用いることも可能です。

おすすめマウス紹介

一通り選び方をご紹介したうえで、用途別におすすめできるマウスを紹介させていただこうと思います。※価格は2019年1月1日の物です。時期によって変わることがあるのでご了承ください。

操作性最高!FPSなどに!

まずは操作性に特化したマウスから紹介します。

FPSのように微小の操作ミスも許されず、設定できるようなマウスを紹介していきます。

G703

ボタンの配置や形状はあまり突出していませんが、握りやすく、また無線のためケーブルが絡まると言った事もほぼありません。

無線というと遅延の心配がある方もいらっしゃるかと思いますが、G703ではLIGHTSPEEDワイヤレステクノロジーを採用していて超高速レスポンスを実現しているのでご心配なく。

10gの取り外し可能なおもりもあるので、自分に合った重さ、感度でゲームをプレイすることができます。

メーカーLogicool
価格9,158円
無線
性能LIGHTSPEEDワイヤレステクノロジー
カスタマイズ可能なRGBライト装備
ウェイト調整機能

Razer Basilisk

FPS特化のゲーミングマウスで、対スピード性能が最大450IPS/加速度最大50Gと超高速の対応が求められるゲームでも大活躍するマウスです。

ボタンも8個ついているためいろんな場面で使用できます!

メーカーRaser
価格7,598円
有線
性能ボタン8個搭載
オンボード機能
カラーオプション

Rival 700

かなり高機能なマウスで、サイドのボタンより少し前方にディスプレイがあり、プレイヤーの名前やロゴ、その他にも様々な情報を表示できます。

また、振動機能も搭載しており、より臨場感あふれるプレイが可能となります。

メーカーSteelSeriese
価格11,407円
有線
性能ディスプレイ
振動

HyperX Pulsefire FPS Pro

後々紹介するHyperX Pulsefire FPSの性能を追い求めたもので、ボタン一つでDPIを16,000まで上げられるようになっており、LEDの色もカスタマイズすることが可能となっています。

ボタンが6つあり、オンボードメモリ機能もついているのでカスタマイズしやすく思い通りの操作が可能です。

メーカーKingston
価格7,480円
有線
性能ボタン6個搭載
オンボードメモリ機能
DPI変更ボタン
カラーカスタマイズ

ボタン多数!MMORPGにもオススメ!

MMORPGのようにスキルが沢山あるゲームはボタンが沢山あったほうが良いです。

性能の項目にボタン数も書いておくので是非参考にしてください。

G502

G402の上位互換に位置するマウスで、価格は倍ほどになりますがボタンが11個あり、クリックも5,000万回ほど耐えられる上にウェイト調整も可能と言った高スペックマウスになります。

特にFPSではマウスの重さも関係してくるので調整できるのはかなり嬉しい機能です。

メーカーLogicool
価格8,780円
有線
性能ボタン11個搭載
オンボード機能
ウェイト調整機能

Dark Core RGB SE

サイドボタンを9個搭載したDPI16,000対応のFPS向けマウスです。

それらのボタンにもオンボードメモリ機能が搭載されているので多くの場面で使い分けができます!

また、特徴的なサイドグリップは取り外し可能で邪魔な場合は外せるので自分の手に合わせて使い分けましょう。

メーカーCORSAIR
価格10,412円
無線
性能ボタン9個搭載
オンボード機能
高耐久性

良デザイン!インテリアとしても!

見た目に加え性能にも重点を置いたゲーマー御用達の中二ごころをくすぐるようなマウスです。

G903

G903は見た目もさながら、左右対称のデザインで右利きの方でも左利きの方でもこれ1つで賄うことが可能です。

どうしてもマウスは右利きの方向けの物が多く、左利きの方は肩身が狭い思いをしてしまうため、このような仕様・デザインのマウスは非常に嬉しいですね!

メーカーLogicool
価格12,759円
無線
性能LIGHTSPEEDワイヤレステクノロジー
オンボード機能

Razer Naga Trinity

ゲーミングマウスのサイド部分を交換できるため、用途によって簡単に使い分けることができます。

今まで業務用のマウスとFPSのマウス、MMO用のマウス等使い分けて複数持っていた方はこれ1つですべてが賄えてしまえ、場所を取らなくなるので非常に魅力的な一品です!

メーカーRazer
価格10,712円
有線
性能カラーオプション
ボタン付け替え(2/7/12)

Rival 600

赤と青のLEDが印象的なマウスで、さらには重心カスタマイズ機能や高耐久性を持つ等、性能の面でも完璧なマウスです。

4gのおもりが8つ入っているので、使いやすい重心、重量に設定して使用しましょう!

メーカーSteelSeriese
価格9,655円
有線
性能重量・重心カスタム機能
高耐久性

コスパ優先!お財布に優しい!

安さ優先の財布に優しいマウスを紹介します。

もちろん、ただ安いだけでなく耐久性、性能もそれなりにあるのでご安心を。

G402

価格が4,000円以内で買えるお手軽マウスで、8このボタンを搭載しており、オンボード機能も搭載しています。

毎秒1,000回と言った驚異的な高速通信も行っており、まず遅延することはありません。

メーカーLogicool
価格3,275円
有線
性能ボタン8個搭載
オンボード機能

Rival310

SteelSeriesの中では標準的な機能を搭載したマウスで、ボタンは2つと控えめな性能ですが、コンパクトで操作しやすく、オンボードメモリ機能も搭載しているので非常に人気の高い一品です!

メーカーLogicool
価格7,436円
有線
性能ボタン2個搭載
オンボード機能

HyperX Pulsefire FPS

FPS特化のマウスで、DPIボタンを押すことで要所要所で感度を簡単に切り替えることができる高性能マウスです。

1つのマウスで感度を変えられる機能は他にないので、同ゲーム内でも感度を変える場面が求められる場合は欠かせないマウスです!

それでいて5,000円台で購入できると言ったコスパの良さも兼ね備えています!

メーカーKingston
価格5,350円
有線
性能人間工学によるフィット感
ボタン一つでDPI切り替え可能

最高の癒し!ジャンガリアンハムスター

もふもふモコモコのジャンガリアンハムスターです。

手のひらに収まるサイズでフィット感も良く、触らなくても動き回るので見ていて癒しになります!

チョロ
利用目的が違う気がするでチュ・・・

FPSや格ゲーでイラついたときはこのマウスを見て癒されましょう。

飼育方法に関しては下記サイトで詳しくまとめました。

あると便利!マウス以外の便利グッズ

次にマウスだけでなくその周辺に使える便利グッズも紹介します。

マウスパッド

マウスパッドは光学式の物では特に必須です。コチラも複数あるので紹介させていただきます。

POWERPLAY

Logicool製のG703やG903ではマウスパッドから充電できてしまう優れもののマウスパッドです。

G703やG903とセットの物もあるので、マウスもまだ買っていない場合はセットでお得にゲットしましょう。

GEL waveマウスパッド

程よいジェルの感触が手首にフィットし、長時間マウスを握っていても一切疲れを感じさせません

ジェルは取り換え可能で、赤もあるのでお好みに合わせて取り換えましょう。

Logicool G640r

Logicool製のマウスパットで、幅が46cm、奥行きが40cmあるため悠々と使用することが可能です。

充電池

ワイヤレスマウスは主に電池を消費するため、別途用意する必要があります。

通常の電池だと買いだめしておいて使用し、終わったらゴミになるので捨てないと行けないと言った手間もあり、また電池も決して安くないのでコスパも悪くなってしまいます。

今では充電できるタイプの電池が安価に手に入れられるのでそちらを使うと良いでしょう!

マウスによっては単3と単4があります。

単3

単4

購入前にどちらに対応しているか確認しましょう。

マウスバンジー

有線のゲーミングマウスではケーブルを絡まなくする必要があります。

そこでマウスバンジーというものを用いると線を余らせることなく、最小限の長さに調整できるため非常におすすめです。

色は白と黒があるのでお好みでどうぞ!

マウスを安く買う方法!

ゲーミングマウスは高性能なものほど高く、財布に与えるダメージも大きいかと思います。

そんな時に少しでも安く買える方法があるので最後に紹介しておこうと思います。

クーポンを使おう!

物によってはクーポンが使える製品があります。

クーポンの中には15%OFFや1,000円OFFと言った破格なものもあるので見逃さないようにしましょう。

使い方は価格の下に現れるチェックボックスをクリックし、チェックを入れるだけの簡単なお仕事で利用できます。

amazonプライム

amazonプライムとは4,000円弱の年会費を払うだけで様々な恩恵を手に入れられるシステムです。

このシステムを利用すれば送料が無料になり、お急ぎ便や日時指定便と言った1回で数百円かかる送料をすべて無料にできます。

特にゲーミングマウスだけでなく他のガジェット品やゲームを良く買う方は10回程度の買い物ですぐに元のお金を回収できるので非常にお得です。

また、最初の30日は無料お試しができるので興味がある方は試してみましょう。

まとめ

今回はゲーミングマウスについて紹介させて頂きました!

ラク
途中に本物のネズミが混じってたけどな!

ぷりん
ちゅ~(怒

また、他のゲーミンググッズが気になる方は下記をご覧ください!

今回は快適にゲームを出来る環境を整えるために買ってよかったと思えたグッズをご紹介します!あ、一応健康第一のつもりで書くのでレッドブルなどアヤシイモノを薦めたりはしませんよw■目次 デスク周りをスッキリ ヘッドセット ケーブルドロップ HDMIセレクター...

スポンサーリンク

投稿者: TS

ゲームと数学のことを主に書いてます! アドバイスやご指摘があれば是非お願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA