[RAZER HUNTSMAN ELITE]レビュー/紫軸搭載の超高性能ゲーミングキーボード

スポンサーリンク




こんにちは!TSです!

本日はなんと、RAZER製品のゲーミングキーボードの中でも最高ランクと名高い人気のキーボード、RAZER HUNTSMAN ELITEを入手することができたのでそちらのレビューをしていこうと思います!

ラク
ラク
おおお!ついにか・・・!

デザイン、使い心地、機能、どれをとっても値段に見合った性能だったので、その辺の魅力を中心に伝えていこうと思います!

RAZER HUNTSMAN ELITEについて

まずはRAZER HUNTSMAN ELITEの基本的な概要を紹介していこうと思います。

パッケージ内容

梱包内容としては以下の通り。

キーボード本体とパームレスト、説明書とステッカーになりますね。

カズ
カズ
他のキーボードのパームレストとは形が違うね!

スペック

メーカー提示のスペックです。

概要

  • 新しい Razer オプト・メカニカルスイッチ™ – 軽さとクリック感
  • 正確でバランスのとれた作動を実現するキースタビライザーバー
  • 豪華なレザーレット製エルゴノミックリストレスト
  • Razer Chroma™ アンダーグロー・バックライト
  • マルチファンクションデジタルダイアルと 3 つの メディアキー

技術仕様

  • キー押下圧 45 g の Razer™ オプト・メカニカルスイッチ
  • 最高 1 億キーストロークの耐久性
  • 1,680万色のカラーオプションでカスタマイズ可能な Chroma バックライト
  • アンダーグロー照明と全 38 か所のカスタマイズ ゾーン
  • 24 のカスタマイズゾーンに分かれたアンダーグローとエルゴノミックリストレスト
  • 多機能デジタルダイアル
  • 専用メディアコントロール
  • ハイブリッド内蔵ストレージ – 最大 5 つのプロファイル
  • Razer Synapse 3 対応
  • 完全にプログラム可能なキーとクイックマクロ記録機能
  • 10 キーロールオーバーおよびアンチゴースト機能
  • ゲーミングモードオプション
  • 編組ファイバーケーブル
  • 1000 Hz ウルトラポーリング
  • アルミ製マット仕上げトッププレート
  • 基本入力向けに Xbox One に対応

カズ
カズ
アンダーグロー照明?

ラク
ラク
それは光り方のところで詳しく見れるぜ!

重さ

重さは1,052gでした。

1kgは超えてしまいますが、以前紹介した似たような型のRAZER BLACKWIDOW ELITEと比較すると200gほど軽くなっています。

ちなみにパームレストの方は490gとなっております。

モナ
モナ
パームレストは作りこみがしっかりしている分、他の製品より重くなってるニャ

サイズ

サイズは横幅が44.5cm

高さが本体だけで14cm、パームレストが9cmで計23cmとなっています。

スポンサーリンク

RAZER HUNTSMAN ELITEの特徴

RAZER HUNTSMAN ELITEならではの特徴をさらに掘り下げて紹介していきます!

デザイン

まずはデザインから。

筆者が所持しているHUNTSMANは英語配列ですが、並びとしては図のような形になっています。

キーの質感が非常に高く、おしゃれなデザインですね!

キー一つ一つの高さは1cm程で高すぎず低すぎずといった具合です。

キュー
キュー
英語配列と日本語配列の違いはこっちの記事をみてや!

裏側はシンプルなデザインで高さを調整する爪と滑り止めが6ヵ所ついています。

爪の高さは3段階で調整できるので、融通が利きやすい構造です。

ケーブル

ケーブルは太い編み込み式となっており、かなりの強度を誇ります。

また、2つUSBが伸びていますが、PORTと書かれた方はパームレストを光らせる際に必要となってきます。

ラク
ラク
キーボードとして使うなら1ポートだけで良いんだな!

パームレスト

パームレストはHUNTSMANに限っては本体と同調して光らせることが可能となっており、LEDを搭載している分少し重く、頑丈なつくりとなっています。

吸衝性にも富んでおり、指を軽く置いてみただけでも深く沈み込むので使い心地が良いです。

ラク
ラク
デザインも良くて触り心地も良いとか最高か!

HUNTSMAN系統はメカニカルスイッチを搭載しており、その中でも紫色の特殊な軸をしています。

紫軸の特徴としては

  • 高速入力が可能
  • 軽いタッチで使用できる
  • スタビライザーバー
  • 高耐久性

等が挙げられ、今までのオレンジ軸のどれとも異なったパフォーマンスを発揮します。

実際にキーをたたいてみた動画を上げるので、打鍵音やクリック感の参考にしていただければと思います。

光り方

RAZER HUNTSMAN ELITEはLEDライトが側面やパームレストにも張り巡らされており、非常に特徴的な光り方をします。

これも文字で書くより実際に動画を見ていただきたいので、ぜひご覧ください!

RAZER HUNTSMAN ELITEの設定

RAZER HUNTSMAN ELITEの性能をすべて引き出すには専用ソフト、Synpase3の使用が必須になってきます。

Synapse3でできることも少し紹介していこうと思います!

キー割り当ての設定

キーボードの設定では最初から割り振られているキー以外にも例えばF1キーに連続した入力を入れたり、スペースをCtrl+Cに置き換えたりといった設定を可能にします。

特に連続入力(マクロ)はMMOなどでは複数スキルの使用にも便利で設定しておくと利便性が跳ね上がるのでぜひ試していただきたい機能になります!

カズ
カズ
ワンタッチで複数入力が可能になるからスキルのキー入力が抜けて一部スキルが発動しないことも防げて良いね!

ライティングの設定

ライティングの設定ではキーボードの光り方のパターンだったり色、明るさ等を設定することが可能です。

あらかじめ設定されているものを使うだけでなく、独自で詳細設定をすることもできるのでカスタマイズの幅は非常に広いですよ!

プロファイルの設定

プロファイルの設定ではゲームごとに設定を保存しておくことが可能です。

例えば格闘ゲームの場合とFPSの場合ではキーの使い方が全く異なり、ゲームを変えるごとにいちいち設定しなおさないといけないというのが今までのキーボードの欠点でした。

しかしこのキーボードの場合は各種保存した設定を呼び出すだけで簡単に適応でき、時間も手間もかからないので使い勝手が良いです。

RAZER HUNTSMAN ELITEの良い点気になる点

実際にRAZER HUNTSMAN ELITEを使用してよかったと思える点や気になった点にも触れていこうかと思います。

良かった点

最初に良かった点から紹介します。

パームレストの質

RAZER製品のキーボードの場合、パームレストがつくものが多く、どれも腕が痛くなくなるので筆者としてもパームレスト付きのキーボードはよく購入します。

しかしHUNTSMANはその中でも最上級の触り心地の良さで、疲れがたまりにくくさらに光るといったゲーマー御用達の仕様も兼ね備えた超贅沢使用です。

一度はまったら抜け出せない中毒性を秘めています。

キュー
キュー
他のパームレストキーボードの記事もあるで。

紫軸の打鍵感

メカニカルスイッチの中でも紫軸は非常に珍しく、性能の面でもかなり優れています。

まず高速性に関して、他の軸の中で最もリニアーで連打や瞬発的な反応にたけているといわれている黄軸と同様の性能を秘めています。

軽さも黄色軸に近く非常に軽く入力できるのでスマートな入力を実現可能としており、一瞬の遅延が命取りとなるゲームでも大いに活躍してくれます。

また、スイッチ上部のキースタビライザーバーにより、キーキャップの四隅のどこを押しても、キーキャップモーションの水平性と一貫性が保たれます。この仕様のおかげで早く入力しすぎたためにキーの隅にしかタッチが行かなかったとしてもしっかりと入力が伝わり漏れを防げます。

ラク
ラク
この仕様はすごい・・・!

そして最後に耐久力、その回数はなんと、1億回のストロークにも耐えるといわれています。

キュー
キュー
桁がおかしい・・・一生かかってもそれだけ打鍵するかわからんで・・・?

ワンタッチ式のプログラミング可能なダイヤル

本体右上にあるダイヤルはボリュームを調整したり、明るさを調整したりといったことをワンタッチで実現可能にしてくれるため、Synapseを起動する手間が省けます。

詳細な設定もさらに行うことができてカスタマイズ性も高く、特にゲーム中や作業中にBGMをかける場合は指一本で音量調整やスキップ、巻き戻しができるようになります。

気になった点

次に気になった点です。

ポートを2つ使用する

冒頭でもふれたとおり、キーボードを使用するだけなら1ポートで良いのですが、パームレストも光らせるとなると2ポート必要となります。

RAZERのパームレストの中で光るのはこのHUNTSMANだけで、せっかくならパームレストも光らせたいのでそうなるとポートが必然的に2つ埋まることになります。

ノートPCなどでキーボードを挿して使用している場合は特にポートが追加で減るのは痛手なのでハブなどを活用していきたいですね。

少々お高い

性能が最高スペックなだけあり、値段もRAZERのキーボードの中でプレミアを除けば最も高い3万円弱になっています。

それでも買って後悔するようなことはないと断言できるので、本気でプロを目指す方は初期投資と割り切って買うしかありません!

安く手入するには

可能な限り製品の魅力を極力お伝えしてきました。もし購入したいと思われた場合、可能であれば極力安く購入したいですよね?

そんな方に向けて最後に、安く購入するための手法をいくつか紹介します。

プライム会員

プライム会員ではprimeのマークがある商品であれば送料無料で購入できます。

送料無料は馬鹿にできなく、年間10回程利用する方であれば、年会費の3,800円をさらっと回収できてしまいます。 もしまだプライム会員に入っていない方で、結構amazonで買い物をする方はこれを機に会員になってみるのも良いのではないでしょうか!

プライム会員であれば何回でも送料無料になるだけでなく、ビデオが見放題だったり書籍が買えたりとお得な特典が沢山あります。

また、最初の30日間はお試し期間で無料なのでその間だけ利用して気に入らなかったら退会することで年会費も発生しません。


筆者も数年前からずっとお世話になっていて、唯一年会費を払っても満足できるような制度だと思っているので気になる方は是非試してみてください!

クーポンの活用

amazonでは時期や条件を満たせばクーポンを使えることもあり、クーポンの中には15%OFFや1,000円OFFと言った破格なものもあるので見逃さないようにしましょう。

使い方は価格の下に現れるチェックボックスをクリックし、チェックを入れるだけの簡単なお仕事で利用できます。

キャンペーンを利用しよう

amazonで購入する場合はキャンペーンを、楽天で購入する場合は楽天カードを契約することでポイントが多くもらえたり割引が適応されたりします。

筆者も最近諸事情で楽天カードを登録したのですが、今まで溜まりづらかったポイントが一気に貯まるようになり、本を買ったりガソリンを入れたりとネットショッピング以外でも至る所でポイントが貯まりやすくなったのでお勧めします!

RAZER HUNTSMAN ELITE まとめ

今回はRAZER HUNTSMAN ELITEに関する記事になりました。

他のキーボードを購入してもいまいち満足できず、最終的にこのキーボードに買い替えて落ち着く人を多く見てきました。

最初に値段だけ見て安いものを選び、後悔するよりも最初からこちらを選ぶのもおすすめなので、気になった方はぜひ一度店頭で触ってみたり動画を見たりして候補に入れることをお勧めします!

ラク
ラク
これは本当に世界が変わる!

スポンサーリンク