[RAZER BLACKWIDOW ELITE]レビュー/シリーズ最高峰のゲーミングキーボード

スポンサーリンク




こんにちは!TSです。

今回はついに、RAZER社から発売されている人気のBLACKWIDOWシリーズの中でも最高ランクRAZER BLACKWIDOW ELITEを入手できたのでそちらのレビュー記事を書いていこうと思います。

他のBLACKWIDOWには無いような高機能な性能が搭載されていたので必見ですよ!

カズ
カズ
ちなみに今回のは軸はオレンジ、配列は英語だよ!

ラク
ラク
オレンジ軸の仕様についてはこっちの記事を、英語配列って何?って人はそっちの記事を読んでくれ!

RAZER BLACKWIDOW ELITEについて

最初にRAZER BLACKWIDOW ELITEのスペックについて触れていきます。

パッケージ内容

パッケージ内容としては本体、パームレスト、ステッカー、説明書になります。

カズ
カズ
パームレストあってこそのBLACKWIDOWだよね!

スペック

以下はメーカー側から提示されているスペックになります。

概要

  • Razer™ メカニカルスイッチ
  • マルチファンクションデジタルダイアル
  • エルゴノミック リスト レスト
  • フルコントロール可能なキー
  • 最高 8,000 万回のキーストローク寿命

技術仕様

  • ゲーム専用設計の Razer™ メカニカルスイッチ
  • 8,000 万回のキーストローク寿命
  • 1,680 万色のカラーオプションを備えた Razer Chroma ™ バックライト
  • エルゴノミック リスト レスト
  • マルチファンクションデジタルダイアル
  • 専用メディアコントロール
  • USB 2.0 とオーディオパススルー
  • ハイブリッド内蔵ストレージ – 最大 5 つのプロファイル
  • Razer Synapse 3 対応
  • ケーブル配線
  • 10 キーロールオーバーアンチゴースト
  • 完全にプログラム可能なキーとクイックマクロ記録機能
  • ゲーミングモードオプション
  • 1,000Hz ウルトラポーリング
  • ミリタリーグレードのメタルフレーム
  • インスタントトリガー テクノロジー
  • 基本入力向けに Xbox One に対応

キュー
キュー
XboxだけでなくてPS4でも行けたで!

重さ

重さは本体が1,252g

パームレストが240gとなっております。

そうそう持ち上げることはないと思いますが、高性能な分どうしても重くなってしまっているので落下には注意しましょう。

モナ
モナ
耐久性は有るほうだけど落下は危険だニャ!

サイズ

サイズは横が44cm

縦が22cm(うち14cmが本体)となっています。

かなり大型なキーボードになるので、あらかじめデスク回りなどを確認しておくと良いかと思います。

スポンサーリンク

RAZER BLACKWIDOW ELITEの特徴

RAZER BLACKWIDOW ELITEならではの特徴も見てみましょう。

デザイン

まずはデザインです。

キー自体はRAZERらしく、黒一色で大人っぽさを醸し出しつつ高さが丁度1cmほどで非常に打鍵しやすい高さとなっています。

また、右側には他のBLACKWIDOWにはないダイヤルが搭載されており、音楽を再生させたり飛ばしたりもすることができるようになっています。

ワンタッチで操作できるので非常に便利ですよ!

キュー
キュー
このダイヤルも後から紹介するソフトで編集可能やで

裏全体の構造としては画像のような感じで、滑り止めが5ヵ所ついていて強く打鍵してもずれていかないようになっています。

高さは3段階で調整できるのでより自分に合った角度を見つけやすくなっています。

ラク
ラク
この辺はCYNOSAと同じだな!

また、ケーブルを流すための溝にも注目です。

正面方向だけでなく左右にも流せるので配線の時に融通が利きます

ケーブル

ケーブルは編み込み式で直径0.25cm程となっており結構太くなっています。

また、片方がキーボード自体を使うためのコードでもう片方が延長コード的な役割を果たしており、プラグも同じです。

2つ刺すことが使用条件ではないのでポートが1つしか開いていない方でもご安心ください。

また、延長先のポートはキーボード側面にあります。

PC本体よりは自身に近くなるのでヘッドセットや別のデバイスを使用することで配線をコンパクトにまとめられるかもしれませんね!

パームレスト

本体につくパームレストについてです。

パームレスト自体は他の製品とそん色なく、相変わらずの吸収性の良さが目立ちます。

長期使用の場合特に腕や手首がつかれることが多いので、あると非常に楽になります。

裏の滑り止めは全6ヵ所(画像では半分なので4ヵ所分)あります。

光り方

光り方は後述しますが、10パターンほどありソフトで設定可能です。

この中でもデフォルトの光り方を紹介しておこうと思います。

打鍵音

打鍵音についてです。今回筆者が使用しているのはオレンジ軸のため、黄色軸ほどではないですが静音性がありそこまでうるさくありません。

これよりも大きな音を出したい場合は緑軸を、逆に静かなキーで軽いタッチからの入力をさせたい場合は黄軸を選びましょう。

Synapse3の使い方

RAZER BLACKWIDOW ELITEを使用するにあたって、専用のカスタマイズソフトSynapse3を使用することでより多くの機能を使用することが可能となります。

どういった設定ができるのか詳しく見ていきましょう。

キーの設定

キーの設定ではマクロを組んだりマウスの動作をさせたりといったことも可能となってきます。

特に複数入力をボタン一つで可能にできるのは便利ですね!

LEDの設定

LEDの設定では約10のパターンから選んで好きに光らせることが可能です。

さらに高度な効果では独自の設定も可能なので、こだわる場合はとことんやってみましょう!

ラク
ラク
この設定だけでもかなり楽しいんだよな!

プロファイル

プロファイルでは設定した内容を保存することが可能で、いくつかパターンを作っておき、ゲームによって切り替えたり、本体に保存して別の環境でも同じ設定で遊べるようにしたりできます。

いちいち設定をいじらず、簡単に変えられるのでこれも非常に便利な機能になります。

RAZER BLACKWIDOW ELITEの良い点気になる点

実際にRAZER BLACKWIDOW ELITEを使用してみて良かった点や気になった点を書いてみようと思います。

良かった点

最初に良かった点からです。

ワンタッチで音量やトラックを切り替えられる

先ほども紹介したようにELITEではキーボード本体の右上についているダイヤル一つで音量を変えたり、その横のスイッチでトラックを飛ばしたり戻したりできます。

そのため単にゲーム特化ではなくて、音楽を聴いているときなどに気分で簡単にワンタッチで操作できてしまうので非常にお手頃です。

ボタンを押すと丁度画面の左上側に表示されるので目視できる点も嬉しいですね。

カズ
カズ
本日の一番気になった点:デスクトップの背景

すべてのキーでプログラミング可能

ELITEと呼ばれるだけあり、ほかのキーボードと違ってすべてのキーでプログラミング(マクロ)設定が可能という点も非常に大きいです。

大抵のキーボードはFキーのみ等が多く、せっかく設定できてもそれでもキーが足りないなんてこともありますが、このキーボードでそういった状況はまず起こりえません。

むしろ持て余すくらいのスペックといえるでしょう。

気になる点

次に気になる点です。

少々お高い

価格が2万円を超えてくるのでなかなか手が出しにくいというのもあります。

特に最近では1万円以内でもそれなりのスペックのキーボードを買えるので、上記で述べたような機能が要らない場合他の選択肢を選んだほうが無難かもしれません。

RAZER社からも色々とキーボードは発売されているので、併せて読んでみて下さい!

こんにちは、キーボード大好きTSです!今日はゲーミングデバイスメーカーの中でも人気のRAZER社から発売されているキーボードに限定しておすすめできるものを紹介していこうと思います!筆者はこのメーカーのキーボードを複数所持しており、持っていないものに関して...

場所をとる

Eliteシリーズはゲーミングキーボードの中でもかなり大きい部類で、横45cm、縦22cmなので非常に場所を取ります。

購入してからデスクに収まらなかった・・・では済まないので、最初に測ってから購入するようにしましょう。

また、RAZERの中では小型なものでRAZER BLACKWIDOWと呼ばれるテンキーレスのキーボードもあります。

そちらも非常におすすめなので、デスク回りをすっきりさせたい方は一度読んでみて下さい!

こんにちは、保有キーボードだけで10台を超えてしまったTSです。今回はRAZER社のテンキーレスキーボード、RAZER BLACKWIDOW X TOURNAMENT EDITION CHROMAをレビューしていこうと思います。キーはFPS向けのメカニカルスイッチ、さらにコンパクトということでデスク周...

安く手入するには

可能な限り製品の魅力を極力お伝えしてきました。もし購入したいと思われた場合、可能であれば極力安く購入したいですよね?

そんな方に向けて最後に、安く購入するための手法をいくつか紹介します。

プライム会員

プライム会員ではprimeのマークがある商品であれば送料無料で購入できます。

送料無料は馬鹿にできなく、年間10回程利用する方であれば、年会費の3,800円をさらっと回収できてしまいます。 もしまだプライム会員に入っていない方で、結構amazonで買い物をする方はこれを機に会員になってみるのも良いのではないでしょうか!

プライム会員であれば何回でも送料無料になるだけでなく、ビデオが見放題だったり書籍が買えたりとお得な特典が沢山あります。

また、最初の30日間はお試し期間で無料なのでその間だけ利用して気に入らなかったら退会することで年会費も発生しません。


筆者も数年前からずっとお世話になっていて、唯一年会費を払っても満足できるような制度だと思っているので気になる方は是非試してみてください!

クーポンの活用

amazonでは時期や条件を満たせばクーポンを使えることもあり、クーポンの中には15%OFFや1,000円OFFと言った破格なものもあるので見逃さないようにしましょう。

使い方は価格の下に現れるチェックボックスをクリックし、チェックを入れるだけの簡単なお仕事で利用できます。

キャンペーンを利用しよう

amazonで購入する場合はキャンペーンを、楽天で購入する場合は楽天カードを契約することでポイントが多くもらえたり割引が適応されたりします。

筆者も最近諸事情で楽天カードを登録したのですが、今まで溜まりづらかったポイントが一気に貯まるようになり、本を買ったりガソリンを入れたりとネットショッピング以外でも至る所でポイントが貯まりやすくなったのでお勧めします!

RAZER BLACKWIDOW ELITEまとめ

今回はRAZER BLACKWIDOW ELITEに関するレビュー記事になりました!

BLACKWIDOWの中でも最上位でダイヤルや全キーマクロ化可能など他には無い能力と可能性を秘めているキーボードです。

特にゲームだけでなく音楽も堪能したい、ゲームでマクロを使いまくりたいという方にはお勧めできる製品です!

カズ
カズ
キーや配列も色々あるから購入前に吟味してね!

スポンサーリンク