RAZERでおすすめのキーボード7選!最新のものからパームレスト搭載の物まで!

2019年6月5日

スポンサーリンク




こんにちは、キーボード大好きTSです!

今日はゲーミングデバイスメーカーの中でも人気のRAZER社から発売されているキーボードに限定しておすすめできるものを紹介していこうと思います!

筆者はこのメーカーのキーボードを複数所持しており、持っていないものに関してもゲームショップの試遊台で馬鹿みたいに遊んだのですべて触った経験があるものばかりです!

なので安心してご覧いただきたく思います。また、すでに持っている物はレビュー記事もしているので、さらに詳しい情報が見たい方はぜひ目を通してみてください。

RAZERのキーボードについて

今回RAZERのキーボードを紹介していくわけですが、キーボード自体は多々あり、さらにその中でもどれが最もお勧めできるかといった個人的な指標も定めているのでその辺を紹介していきます。

現行入手可能なものに厳選!

RAZER社のキーボードは年度が新しくなるたびに最新の機種が発売され、それまでのものは生産が終了します。

生産が終了するとプレミアがつくことがあり、中古なのに通常の数倍でしか買えない・・・なんてこともあるので、今回紹介するものの中にはそういった価格が数倍に跳ね上がってしまい入手困難なものは入れないように注意します。(2019年6月現在)

キュー
キュー
生産終了になったものは中古でも3~4万とかザラやからな

ランキングの基準について

ランキングの基準は以下の5つにします。

  1. amazonでの売上数
  2. amazonの平均レビュー
  3. 価格
  4. 性能
  5. デザイン

性能とデザインは主観も交じってしまいますが、その辺はご愛嬌下さい。

特にデザインに関してはパームレストがついているかどうかが大きな要因になっています。

パームレストはあると見た目だけでなく手を休めることができ、疲れにくいといった利点もあるので、やはり評価に大きな要因を与えています。

スポンサーリンク

RAZERキーボードの選び方

RAZER社のキーボードは単純に上で述べた指標以外にも選ぶべきポイントがいくつかあります。

軸について

まずキーボードの軸についてですが、大きく分けて3つ、メンブレンメカニカルメカメンブレン軸の3種類があります。

メンブレン

メンブレン軸はラバーカップが内側に張り巡らされており、パコパコとした若干反発が弱いものの軽い力で鍵盤を押せる仕様の軸です。

全体的に安価で耐久性・耐水性もありますが、音や打鍵感から爽快感が欠けるといった声もあります。

メカニカル

メカニカルは一つ一つの軸にバネが搭載されており、確かな打鍵感を感じられる軸です。

緑軸

色ごとにも特性があり、緑軸は操作感度を最優先にしており、最も人気があります。

キーを打つ度にカチカチと音が響くためしっかりキーを叩いている感があり、反発性も高いので連打に向いています。

その反面、音が響くということで静音性は高くありません。

緑軸のキーボードのみを紹介している記事はコチラ

こんにちは、自宅のPCが死んだので研究室から更新しているTSです。今回はゲーミングキーボードの緑軸に注目して、その性能とおすすめのゲーミングキーボードを紹介していこうと思います!軸に違いなんてあるんでチュか?ゲーミングキーボードには大きく分けてメンブ...

黄軸

黄軸は静音性に特化しており、加えて反応速度も高い軸です。ストロークが浅いのでメカニカル軸特有の強くたたかないといけないといった難点も解消することができます。

黄軸のキーボードのみを紹介している記事はコチラ

こんにちは、TSです。以前はRAZER社のキーボードの中でも打鍵感がありメジャーな緑軸について説明しました。緑があるということは当然それ以外の色もあるということで、今回は少し上級者向けに作られている黄軸について仕様を紹介し、続いておすすめの黄軸搭載のゲー...

オレンジ軸

オレンジ軸は緑軸と黄軸の間の性能で、静音性も保ちつつそれなりの打鍵感があるといった具合になります。どちらかに偏りすぎが嫌だ・・・という方にはこちらの軸をお勧めします。

紫軸

紫軸は特殊な光学センサーを搭載した仕様になっており、伝達速度が他の軸と比べてけた違いなことに加え、1億ストローク耐えるような超耐久性があることも魅力です。

キュー
キュー
1億って・・・生涯でそんだけ打つか??

メカメンブレン

メカメンブレンはメカニカルとメンブレンの良いとこ取りをしたような軸で、ベースはメンブレンですがそこに軸を埋め込みカチッとした感覚を味わうことができます。

配列について

配列は日本語配列英語配列の二種類があります。日本語配列は普段私たちが使っているキーボードまんまなので特に説明はいらないかと思いますが、英語配列はエンターキーの形が長方形だったり変換キーがなかったりと少し使い勝手が変わってきます

具体的な形状の形は下図のようになっているので見比べてみてください。上が日本語、下が英語です。

慣れないうちは日本語キーを選ぶのが無難だと思います。

それぞれの配列のキーボードについて詳しく知りたい方は下記を参照ください。

こんにちは、TSです。今回はキーボードの配列の話になります。配列に違いなんてあるんでチュか?キーボードの配列には大きく分けて日本語配列と英語配列があり、一見あまり変わりないように見えますがよくよく見るとその違いに気づけるかなと思います。この微妙な違...

Chromaって何?

キーボードの後ろにChromaと名前がついているものもあるかと思います。

これはイルミネーション対応の製品につく名前で、これがつく製品は1,680万色(256の3乗)から配色をカスタマイズできるおしゃれなデザインのものになります。

筆者もそうですが、特にゲーマーの場合、デスク周りを輝かせたい方が多いのでデザインを拘る方はこちらも外せません。

チョロ
チョロ
読み方は・・・チョロマでチュか?

カズ
カズ
たぶんクローマ・・・

おすすめのRAZERキーボード一覧

前置きが長くなってしまいましたが、さっそくキーボードを見ていきましょう!

高耐久性を求めたキーボード・RAZER Blackwidow Ultimate 2018

項目評価
売上★★★★☆
レビュー★★★★★
価格★★☆☆☆
性能★★★★☆
デザイン★★☆☆☆
合計17/25
Chroma×
メカニカル・緑
パームレスト×

RAZER Blackwidow Ultimate 2018の概要

RAZER Blackwidow Ultimate 2018は耐水性を兼ね備えたメカニカル軸を搭載しているキーボードで、色は緑一色ですがシックなデザインとなっていて人気があるキーボードです。

キーボードに何が求められるか、その要素を突き詰めたところ、「タフさ」につながったとのことで、酷使にも耐えることが可能で、苛烈に打鍵してもびくともしない構造になっています。

具体的には8,000万回のストロークにも耐え、防塵加工もしてあるので環境が悪くても長い間安心して使うことができますね!

耐久性はもちろんのこと、10キーロールオーバーアンチゴースト機能も搭載しているため、最大10個のコマンドの実行も可能となっています。

RAZER Blackwidow Ultimate 2018のレビュー・口コミ

高評価

Amazonで購入
自分はタブレットで色々やっていてそのときにこのキーボードのタイピング音のASMRとしてYoutubeに投稿されているのを発見して、それでほしいなと思い今回購入させていただきました。

今このレビューもタブレットにつないだ、このキーボードで打っていますが、普通にUSBType Aのやつからそれぞれに変換するものを購入すれば、全然スマホでもタブレットでも使えます。

マホやタブレットで使いたいと思っている方にオススメです。音が良くて、感触は黒軸よりで、結構音が大きめです。

苦手な方はご注意を。キーロールオーバーもついているし、機能的には申し分ないと思います。箱を開けると、キーボードが入っており、開封するとケーブルをまとめるものなんかもついてきています。

結構いい感じの材質で100均クオリティ以上です。タブレットでもドライバは必要なく、そのまま変換器につなぐだけで、キーボードが光り、打てる状態になります。

この商品の購入を検討してる方、スマホでも使えるかなと心配してる方にこの商品はおすすめしたいです。

⚠スマホ、タブレットには変換器がないと接続できないので、それのご購入のほど購入いたほうがいいと思います。光は結構強く直視していると少し眩しいぐらいで、いい感じの明るさです。なんか高級感のある感触でタイピング関係なく商品だけで楽しめると思います

ゲーミングキーボードに初挑戦となりましたが結論から言うと正解でした!

もうカッコよすぎ!緑軸もRazer独自のものですが音も凄くいい!

ただVCなどに音が入るくらいには大きな音がしてしまいます。

そこを気にされる場合軸を考えた方がいいとおもいますね。

キーボードなのであまり気になりませんが、めちゃ重いですが笑

老眼で夜目が利かないので以前にゲーミング用の安い光るキーボドを購入したのですが、3色づつ光って色の位置を変えれるものでしたが見やすい色の部分は良いけれど、それ以外は見えにくくて使い勝手が悪くて困っていました。

それで一番見やすいグリーンLEDだけのキーボードを探してこの商品を見つけました。

普通に使うだけだとちょっとお高めのキーボードですがこの明るさは物凄く見やすく良いです!

ローマ字入力しか使わないので余計な「かな」が表記してないのもスッキリしてて良いですね。

夜目が利かなくなってきた年代の方々には本当におすすめ出来ると思いますよ。

低評価

届いてすぐにRazerSynapseによりLEDの光り方をカスタムしたところ、波紋効果と呼ばれる光り方に問題がありました。

というのも、デリートキーとテンキーの9の光り方の同期が取れておらず、他のキーと比べてタイミングがずれて光っていました。

多分LEDのハンダミスかと思われます。そこで日本の代理店に相談したところ初期不良ということで交換してくださることになりました。

打鍵感やカスタマイズ性に優れていることから商品の完成度は高いと思いますが、海外製だけに初期不良等はあるときはあると思っておいても良いかもしれません。

その点を踏まえてもこのキーボードはLEDをキレイにカスタムできる点や打鍵時の気持ちよさなどの点から非常に買って良かったと思える製品です。

打鍵感、反応速度ともに良好だが打鍵音はかなり大きいので注意

マイクの設定を気を付けないとVC等で気になるかもしれない

あと一つRazer Synapseに現時点では対応してないので注意

これは近日対応予定らしいので期待

RAZER Blackwidow Ultimate 2018のポイント

ラク
ラク
非常に耐久力の高いキーボード

カズ
カズ
1色しか対応していないけど、かえって見やすい!

チョロ
チョロ
緑軸で気持ちの良い打鍵感

ぷりん
ぷりん
タブレットやコンシューマゲームでも安心♪

モナ
モナ
10キーロールオーバーアンチゴースト機能で複雑な入力も可能!

コスパの良いメンブレンキーボード・RAZER Cynosa Chroma

項目評価
売上★★★★☆
レビュー★★★★☆
価格★★★★☆
性能★★★☆☆
デザイン★★☆☆☆
合計17/25
Chroma
メンブレン
パームレスト×

RAZER Cynosa Chromaの概要

RAZER Cynosa Chromaはメンブレン軸を搭載したお手頃価格のキーボードになります。大抵のメンブレンキーボードは反発性が悪く連打にも向かないのですが、RAZER社のCYNOSAは反発性、音どちらも中々に爽快感があり加えて耐水性も高いのでそこまで気になりません!

唯一物足りないと思うのがパームレストで、他の製品にはあるのにこの製品にはついていないのが悔やまれます。その分高さを3段階で調整できるといった強みもあります!

CynosaはChroma対応なので色を設定できる点も大変魅力です。

RAZER Cynosa Chromaのレビュー・口コミ

高評価

メンブレンなので安っぽさが…というものの一応ゲーミングキーボードですし!!!

見た目重視のコスパ求めたRazer信者の人なら満足すると思います!

自分は買って大満足です!

色々と高額なレイザー製品のキーボードを使ってますが、カチカチうるさいモデルばかりで試しに購入。

半分以下の価格でこちらの方が性能が良く感じます。特に若い方はお金がないだろうからこちらを選んで間違い無いです。

2014年に買ったキーボードは買って初っ端からキーが死んでる不具合などがあって2回交換してもらいました

だけど今回は特に不具合などはなく、タイピング反応もOK実践導入しています。

後は耐久性に期待です\(^o^)/

低評価

ゲーム用ですがメカニカルキーボードが合わなかったので購入。
とても静かですが、w.a.s.dとよく触るボタンの感触が気にならない程度ですが、他のボタンにくらべ違和感が出てきており、耐久性はよくないかもしれないです。

ゲーミングパソコンの新調に合わせて購入。

ゲーミングパソコン購入しながらゲームはあまりせず動画編集が主。

普通のキーボードで良かったかな…ゲームする人には良いと思います!

RAZER Cynosa Chromaのポイント

ラク
ラク
メンブレン軸で低価格

カズ
カズ
マクロやChroma機能搭載!

チョロ
チョロ
アンチゴーストも対応!

ぷりん
ぷりん
ソフトなタッチで長時間利用可能!

モナ
モナ
スピルレジスタンス構造を採用していて高耐久性!

詳しいレビュー記事もあるのでぜひ見てください!

こんにちは、TSです!今回紹介するのはRAZER社から発売されたメンブレンキーボード、RAZER CYNOSA CHROMAになります。メンブレンキーのため静音性が高く、他のRAZER社のキーボードと比べると安価のためコスパの面で非常に良いキーボードだと思います。10,000円以内で...

高機能な紫軸!RAZER Huntsman

項目評価
売上★★★☆☆
レビュー★★★★☆
価格★★★★☆
性能★★★★☆
デザイン★★★☆☆
合計18/25
Chroma
メカニカル・紫
パームレスト×

RAZER Huntsmanの概要

RAZER Huntsmanは光学メカニカルスイッチを搭載しており性能、耐久性ともに群を抜いているキーボードで、1万円台で買えるキーボードの中でも非常に性能が高くなっています。

キースタビライザーバーと呼ばれる技術が盛り込まれており、四隅のどの位置でも同じ打鍵力で打つことが出来、非常に高速な入力が可能です。

カラーバリエーションも黒だけでなく、白、ピンクとラインナップがそろっており、全てのボタンにマクロの割り当てが可能です。

Hypershiftと呼ばれる1つのキーに2つの入力を割り当てる機能もあるため幅広いゲームに役立つことは間違いないでしょう。

RAZER Huntsmanの口コミ・レビュー

高評価

今まで銀軸タイプのキーボードを使っていました。

銀軸と比較して入力スピードは同等だと感じます。

厳密に言えば多少差がありますが、体感ではわかりません。

銀軸と違いクリック感があり、キー入力も少し重たいのでミスタッチは減りました。

銀軸の時は文章を入力する時など、結構な頻度で誤爆していたので、ゲーム用途以外では若干ストレスを感じていました。

ただしクリック感がある反面、キーを押下した時の音は大きいので、ボイスチャットを使いながらゲームをする方は、気を付けた方がいいと思います。

こちらは英語配列キーボードですが、OSの設定を変更すれば普通に日本語入力も出来ますので問題ありません。

お値段が少しお高めですが、光学式なのでチャタリングの心配もありませんし、クリック感も心地よいので、クリック感のあるキーボードが好きな方にはオススメですが、静音性を重視する方は他社のキーボードを使った方が良いと思いました。

今まで使ったキーボードの中で一番入力荷重が軽く、サクサク感+カチカチといったクリック感も伝わってくるという非常にバランスが良いキーボードです。

発光が文字の部分だけで、全体的に暗いのでChromaのイルミネーションをじっくり楽しみたい方にはおすすめしません。

音はカタカタ+カチカチで結構響きますがそれがまたいい感じです。

見た目は高級感のある感じです。

メンブレンは最初が重くてある程度グニュっと押し込むと急に軽くなって入力後に指が押し戻されるといういかにもゴムらしい感触がありますが、このキーボードはストロークは最初から最後まで一定の荷重で指が全く疲れません。

ドライバを入れれば自分の好きな用にライトが変えられるのが最高!

でも、左手キーパッドのOrbWeaverとは別のドライバーをインストールしないといけないのが残念…

押したときの感覚、音ともにとても最高です

Eliteほどの機能が要らないと思うのなら安いこちらを購入するのをおすすめします

低評価

Razer製でピンクにこだわるなら買うべきだけど、高いわりにそこまで良いキーボードではないと思う。

本体は金属製で頑丈そうだけど、そのぶん重い。

スペースキーが若干ざらざらしてるから、もしかしたら塗装がてきとう?

目が細かい紙やすりですこし削ろうと思う。

打鍵音はかなりうるさい。

自分が聞いたかぎりでは今までで一番うるさい打鍵音。

一般的なゲーミングキーボードはこれくらいの音かな?

Razer製だからRazerのソフトでLEDを変えられるのはうれしい。

タイピング音が爆音である。
入力ポイントに入った時のカチッと言う音、底打ちした時のカチャーンと言う音、軸のブレから生じるガチャガチャと言う音、キーが戻る時の内部に響く金属音。
頭に響くような様々な音が同時に出る。
バネ入りのおもちゃのような安っぽい音だ。

キーの入力速度は速く軽めで浅いが、誤爆が少ない機種だと言える。
この辺の調整は絶妙だと言わざるを得ない。
ヘッドホンをしてゲームをしている時は不快なタイピング音が聞こえないため快適である。

RAZER Huntsmanのポイント

ラク
ラク
1億キーストロークに耐えられるオプティカルスイッチ搭載

カズ
カズ
全キープログラミング可能!

チョロ
チョロ
アンチゴースト機能搭載

ぷりん
ぷりん
5つのプロファイルを設定可能♪

モナ
モナ
1000 Hz ウルトラポーリング対応

3種の軸と2種の配列から選べるRAZER Blackwidow Elite

項目評価
売上★★★★☆
レビュー★★★★★
価格★★☆☆☆
性能★★★★☆
デザイン★★★★☆
合計19/25
Chroma
メカニカル・緑/黄/橙
パームレスト

RAZER Blackwidow Eliteの概要

RAZER Blackwidow Eliteはメカニカル軸を採用したゲーミングキーボードで、右上のマルチファンクションデジタルダイヤルが特徴的です。

このダイヤルをいじることで明るさからボリュームまで犯行可能で、専用ソフトのSynapse3(無料)を使用することでさらに詳細な設定ができます。

軸はメカニカルですが、さらに緑・橙・黄に分かれており、緑はしっかりとした押下圧が必要な分打鍵感があり、音も爽快です。

一方で黄は軽いタッチで入力が可能で静音性も高く、高速入力を可能としており、橙軸はその中間の性能になっています。

配列も日本語と英語の両方ある点が良いですね!

さらに、このシリーズの特徴ともいえるパームレストも付属します。

衝撃を押さえてくれるため腕にかかる負担が減り長時間利用できるのも嬉しいポイントですね!

RAZER Blackwidow Eliteの口コミ・レビュー

高評価

箱が、かっこいい笑

さて、私は、logicool G213からの買い換えでした。

はじめはG213よりも押し圧の小さいく、押した際に出る音が小さいキーボードを探していたのですが、友人から黄色軸を進められ、最終的にこのキーボードにたどり着きました。

使ってみての感想は、G213に比べると押し圧が大きいと感じました。(新品だからかもしれないが)ですが、少し押しただけでキーボードが反応してくれるのでFPSをやっている方ならオススメしたいキーボードです。

FPSをしている方なら分かると思いますがSHIFTキーは、小指で押す人が多いはずです。小指で押すには少し力が必要になり、私には苦痛です。

また、キーボードを押したときの音としては、G213に比べると大きいように感じました。

ですが、青軸などの音の大きい軸に比べれば、苦にはなりません。

初めてRAZER製品を購入したのですが、パソコンにキーボードのUSBを挿しただけで、ドライバがインストールされ、わざわざネットから落としてくる必要がない所に感動しました。G213と比べるとキーボードの光らせ方が豊富で楽しめます。

長時間PCに向かう仕事をしているため、パームレストが付いたキーボードを探していたところ、
こちらの商品に辿り着きました。(当方ゲームはしますが、ヘビーゲーマーではありません)

緑軸(他社で言うところの青軸?)特有のクリック音がとても心地よく、
数千円台の他社メカニカルキーボードと比べ、押したときのフィット感が半端なくいいですし、
ガタがほとんど無いので、かっちり正確に入力出来ます。

メカニカル特有のガチャガチャ音はしますが、押し心地が良いためか全然気になりません。

大げさかもしれませんが、以前のキーボード(ロジクールG510)に比べて3割増しくらいの早さで入力出来ている感じです。

パームレストも高級感があり、長時間の作業でも疲れません。

作りが堅牢な感じですし、8000万回クリックにも耐えるとのことで耐久性もありそうです。

そして何よりカッコイイ!大変シンプルなデザインですが、
無駄なものが一切なく、機能的で飽きることがないデザインです。

RGBバックライトの挙動も自在に変更できます。

マクロについては試してないので分かりません。

初めてのEliteシリーズ買いました。

買う前はキーが高くて押しにくいのかなぁ、と疑問が有りましたが全然そんな事ありません。
リストレストのおかげで快適です。

見た目もカッコよくとても満足です。

音の方も自分は緑軸からオレンジ軸に買い替えですけど、静か過ぎず心地よい感じです。

低評価

使い心地もそこそこでゲームするキーボードとしては優れているのが、リストレストと擦れてキーボード側のリストレストつける部分の塗装が禿げたり、よく使うW,S,Dキーの塗装が少し禿げてきてしまいました。

自分はとても几帳面で気になってしまうので対処策がないかと少し困っています

使い心地は星5、但しシナプスで設定した色がps4等に繋げると反映されないのが残念。

オンボードメモリ搭載って聞いたから反映されると思ったけど無理っぽいのでps4やcs機での運用考えてる人は注意、普通にpcで使うなら100点っすね。

RAZER Blackwidow Eliteのポイント

ラク
ラク
軸と配列の組み合わせが多種!

カズ
カズ
軸によって求める操作性が変わる!

チョロ
チョロ
取り外し可能なパームレストが使いやすい!

ぷりん
ぷりん
マルチファンクションダイヤルでワンタッチ操作が可能!

モナ
モナ
内蔵メモリーで設定を使いまわせる!

レビュー記事は以下をご覧ください!

こんにちは!TSです。今回はついに、RAZER社から発売されている人気のBLACKWIDOWシリーズの中でも最高ランクのRAZER BLACKWIDOW ELITEを入手できたのでそちらのレビュー記事を書いていこうと思います。他のBLACKWIDOWには無いような高機能な性能が搭載されていたので...

メカニカルのような打鍵感!RAZER Ornata Chroma

項目評価
売上★★★★☆
レビュー★★★★☆
価格★★★☆☆
性能★★★★☆
デザイン★★★★☆
合計20/25
Chroma
メカメンブレン
パームレスト

RAZER Ornata Chromaの概要

RAZER Ornata Chromaはメカニカルとメンブレンの両方の特性を引き継ぎ、柔らかい操作感と爽快感のあるクリックを併せ持ったメカメンブレン軸を搭載したキーボードで、パームレストも付いてくる嬉しい仕様になります。

タイピング感が柔らかいタッチでありながらもしっかりとカチっとした入力を感じることが可能で、高速入力が可能でありつつ、ベースはメンブレンなのでそこまで高くないと言った恩恵も受けています。

ゲーミングキーボードに搭載されているアンチゴースト機能も付いているため入力ミスも起きず快適なプレイ環境を提供してくれることでしょう!

RAZER Ornata Chromaの口コミ・レビュー

高評価

メンブレンなのにカチカチなります(・8・)

打鍵感はメンブレンなので押し切ったときに若干ふにゃっとする感じですが、意識しなければ感じません。

今まではブラックウィドウの2016を使ってましたがあちらはキートップがつるつるなのに対してこちらはマットで滑り止め感があります
汚れは付きそうですかなかなかいい感じです。

まずメカ・メンブレンの有利性です。これはメンブレン特有の打った後の反発性が弱いというところを
金属のスイッチ的な部品がその反発性をおぎない、ない状態よりも跳ね返りが早くなる部分です。

もちろん音を鳴らしたくないキーは中の金属部分をピンセットなどで容易に取り外すことができ
不思議なキーボードにも変化できます。

razer ソフトでは無変換キーとwindowsキーそしてFnキーは変更できません。

無変換キーとwindowsキーなどは再起動タイプのソフトなどで競合することは可能です。

日本語キーの利点はキーが英語配列より多いこと。 それは自由にマクロなりなんなりを
割り当てることができるのでとても重宝しています。

最後にスペースキーはかなり小さいのでソフトで変換キーをスペースキーに変えることをおすすめ致します。

MacBookほど薄くはありませんが、他のRazer製品よりはだいぶキーが浅いです。

アームレストが付属しているので長時間のタイピングでも疲れにくく、キーの重さも軽すぎず重すぎないので、タイピングにはもってこいだと思います。

もしゲーム用に、と購入を検討している方がいらっしゃるのでしたら、他の製品の黄軸やオレンジ軸モデルをおすすめします。

低評価

某動画サイトでこのOrnata Chromaが絶賛されていたし、私は以前BlackWidow Ultimateを購入したので
Razerのキーボードは「良い」との先入観があったのでかなり期待していたのですが、不満点もいくつかあります。

キーを押し込んだ時にはメカニカルキーボードのカチっていう感じは確かにあるのですが、キーを押し込むと
やはりフニャっとした感じで、これは基本メンブレン式のキーボードなんだなぁと思ってしまいました。

あと本体が意外と軽量で、付属のパームレストを付けないとガラス表面上とかで利用するなら滑りやすいと思いました。

後面のスタンドの末端にも滑り止めを付けて欲しいと思いました。(付属のパームレストは非常に優れています。
他のキーボードと一緒に使ってみても汎用性は高いと思います。)

しかし不満点ばかり書いてしまいましたがこれはとても良くできていて打ちやすいキーボードだと思います。

前述の不満点はこのRazerのキーボードがあまりに優れているので不満点が目立ってしまっただけです。

私はこのOrnata Chromaはゲーミングする人も、通常のPC操作するにしても非常に優れていると思います。

打ち心地はノートパソコンの上質なキーボードを打っている感覚が連想されました。

razer blackwidow緑軸が壊れてしまったので購入。

3年も同じ軸のキーボードを使っていたのもあって、とにかく慣れない。返品しました
メカニカルキーボード感覚で買うと絶対後悔する。

まずキーが動作するまでのストロークがほとんどない。メカニカルキーボードはスイッチが動作するまで1.9mm押下したところで動作する。

これがないとどういう影響を及ぶかというと、
このメカメンブレンは、メンブレン同様動作するまでほとんどストロークがない。0か1しかないということ。力が入らない指、例えば薬指・小指などに配置しているキーがゲームプレイに集中していると押しているのか押してないのか分からないという状況が多発した。それが一番のストレスですぐ返品しようと思い立った
同様にヘッドホンを装着してゲームをプレイしているとキーの音が全くしない、押したのか押せてないのか分からない。これじゃただのメンブレンキーボードを使っているのと大差ない。

RAZER Ornata Chromaのポイント

ラク
ラク
完全新設計のメカ・メンブレン軸使用

カズ
カズ
中程度のキーストロークで早い打鍵が出来る!

チョロ
チョロ
光り方は複数デバイスで同期可能

ぷりん
ぷりん
エルゴノミックリストレストで長時間使用可能

モナ
モナ
10キーロールオーバーで同時入力可能!

以下のページでレビューしているので詳細が気になる方はどうぞ!

こんにちは、TSです♪今回はRAZER社より発売されたゲーミングキーボード、RAZER ORNATA CHROMAに関するレビュー記事を書いていこうと思います。このRAZER ORNATA CHROMAはメカニカル風メンブレンキー(通称メカ・メンブレンキー)を搭載しており結構独特なので、その辺...

テンキーレスのコンパクトキーボード・Razer Blackwidow X Tournament Edition Chroma

項目評価
売上★★★★☆
レビュー★★★★★
価格★★★☆☆
性能★★★★★
デザイン★★★☆☆
合計20/25
Chroma
メカニカル・緑
パームレスト×

Razer Blackwidow X Tournament Edition Chromaの概要

Razer Blackwidow X Tournament Edition ChromaテンキーレスでコンパクトになったBlackWidowになります。

razer-blackwidow-x-tournament-edition-chroma パッケージ

裏面にはケーブル収納溝もあり、丈夫な編組ファイバーケーブルになっているためケーブル含めてコンパクトになっています。

razer-blackwidow-x-tournament-edition-chroma 裏・コード流し

残念ながら日本語配列のほうは希少性もあり倍ぐらいの価格になっているので英語配列を購入するのが無難です。

Razer Blackwidow X Tournament Edition Chromaの口コミ・レビュー

高評価

緑軸でタイピングの時はかなりカチカチうるさいですが、自身はそれが気に入って購入。

LEDの発色もムラなくきれいでかなり気に入っています。

テンキーの上にRAZERの入っていますが、そこも光れば個人的に良かったと思う。

タイピング時の感触は程よい感触なので、個人的には入力しやすいので満足です。

PCにて、主にFPSゲームのプレイに使用中です。打鍵感は青軸に近いですが、独特のクリック感が癖になりますね。緑軸最高です!

カチャ音は青軸より多少マシですが、やはり爆音の領域。
他社メーカーさんの静音リングを付けると、底打ち音が減って純粋にカチャ音を楽しめるのでオススメです。

製品の外観や操作性も申し分なく、
1万円ちょっとで日本語配列のRGBバックライトがついたメカニカルキーボードが買えてしまうのはとても良心的だと思います。
買って大満足な製品でした!

さすがRazer最高すぎ

他の緑軸より使い易い

色などの変更も簡単

低評価

安かったので購入。
最初、気持ちい打鍵感に出会えたのですが、最初だけです。くそうるさいです。
あと、大きさですね、かなりでかいです。ゲームをやるのであれば、フレームれす?とテンキーがないのをお勧めします。

全体的に高品質でとても良かったです。ですが1部LEDにムラがありました。「page up」「page down」にムラがあり少し気になります。
右上にRazerとかかれていてとってもカッコイイです。

Razer Blackwidow X Tournament Edition Chromaのポイント

ラク
ラク
テンキーレスでコンパクト!

カズ
カズ
最大8000万回キーストロークの高耐久性

チョロ
チョロ
Nキーロールオーバー / アンチゴースト機能を搭載

ぷりん
ぷりん
最大5つのプロファイルを保存するオンボードメモリとクラウドのハイブリッドストレージ

モナ
モナ
すべてのキーを設定可能!!

レビュー記事は以下をどうぞ!

こんにちは、保有キーボードだけで10台を超えてしまったTSです。今回はRAZER社のテンキーレスキーボード、RAZER BLACKWIDOW X TOURNAMENT EDITION CHROMAをレビューしていこうと思います。キーはFPS向けのメカニカルスイッチ、さらにコンパクトということでデスク周...

すべてがハイスペック!RAZER Huntsman Elite

項目評価
売上★★★☆☆
レビュー★★★★★
価格★★★☆☆
性能★★★★★
デザイン★★★★★
合計21/25
Chroma
メカニカル・紫
パームレスト

RAZER Huntsman Eliteの概要

RAZER Huntsman Eliteは先ほど紹介したHuntsmanの上位モデルで、最新の紫軸が使われており、驚異の耐久性と反応速度を誇る高性能キーボードです。

razer社のキーボードの中でもプレミアがついたものを除き最も高価なものでなかなか手が出しづらい側面も抱えていますが、一度は手にしてみたい憧れのキーボードになります。

他の製品と異なり、パームレストまで光る贅沢仕様!機会があったら是非触ってみて下さい!ほかのキーボードに帰れなくなります!

RAZER Huntsman Eliteの口コミ・レビュー

高評価

BlackWidow Chroma V2 緑軸からの乗り換えです。

アルミ天板にマルチメディアファンクションキー、アンダーグロー、光学センサー等が購買意欲を刺激しました。

サイズはマクロキーがないのでフルサイズにしてはコンパクトでV2 chromaよりかなり軽いです。

ですが、やはり造りこみがすごくとても高級感のある質感です。

アンダーグローもとても美しく、アルミの質感も素晴らしく、マルチメディアファンクションキーはとても操作しやすく、光学センサーはとても速く軽いタッチで反応するので気持ちがいいです。

やはりRazerは間違いないです。

発売当初は一部の店舗でしか入手することができず、地方組の自分にとっては広く販売されるのを待つしかなかった。

ようやくAmazonでも取り扱いを始め早速入手。キースイッチは今までにない構造でどんな感触か気になっていたがものすごく心地よく底打ちの感覚も今までのRazer製品の中でも飛び抜けて良いです。

リストレストもとても気持ち良いフカフカさでうまく機能されています。ライティングはやはり、さすがRazerといったところでしょうか。

お値段以上の価値はありました。

打鍵音は大きいですね。VCを使ってる方は注意した方が良いと思います。

光り方についてはアンダーグロー及びリストレストも光るのでとても綺麗で何よりカッコイイです。

動画サイトでも使用感や打鍵音を実際に紹介している方がいらっしゃるので、購入を考えてる方はご覧になっては如何でしょうか。

低評価

緑軸のキーボードが壊れたので買い換えました。

悪いところから言います。

アルミベースなのですが1箇所えぐれててアルミが見える状態でした。

それと緑軸が好きな人は緑軸を買ったほうがいい。緑軸のようなはまるような感じではなく少し軽いのと音が金属が響くような音がする。正直、緑軸の音が好きならお勧めしない。

その2点以外では掃除しやすかったりカッコ良かったりはする。

razerの品質管理もう少しまともにならんか

PCへの移行と童子にこちらのキーボードを購入しました。

ずっとほしかったキーボードなのでカッコイイしライティングなども様々で凄く気に入っていたのですが、ゲームのチャット機能を使った時に気づいたのですが、ゲーミングキーボードとあってなのかタイピング時にキーを1回しか押してないのに5つほどその打ったキーをが表示されました。そこのキーだけ不具合が起きてるのかと思って別のキーでも試しましたが、c.b.nこの3つでその現象が起こりました。
ゲームをしてる時への支障はないので問題ありませんでしたが問題は数日経ってからの事でした。

いつもどうりゲームを起動してshiftキーを長押しして走るゲームなのですが、shiftキー自体反応するのですが長押しの継続が途中でちょこちょこ途切れてしまってキャラコントロールに師匠が出ました。
埃などの原因も考えて掃除をしましたが治りませんでした。

たった数日でこれだけの不具合が見つかり残念に思いますが、デバイス自体はカッコイイしRazerというブランドをこれからも応援してます。

ブラックウィドウエリートへの買い替えを検討しています。

RAZER Huntsman Eliteのポイント

ラク
ラク
最高1億キーストロークの耐久性

カズ
カズ
最大5つのプロファイルを設定可能!!

チョロ
チョロ
豪華なレザーレット製エルゴノミックリストレスト

ぷりん
ぷりん
10 キーロールオーバーおよびアンチゴースト機能

モナ
モナ
アルミ製マット仕上げトッププレート

更に詳しいレビューは以下をご覧ください。

こんにちは!TSです!本日はなんと、RAZER製品のゲーミングキーボードの中でも最高ランクと名高い人気のキーボード、RAZER HUNTSMAN ELITEを入手することができたのでそちらのレビューをしていこうと思います!おおお!ついにか・・・!デザイン、使い心地、機能、ど...

併せて欲しい!

キーボードをざっと紹介しましたが、加えて同じRAZER社の製品で揃えて置いて損はないものがいくつかあるので紹介していきます!

ゲーミングマウス

やっぱりキーボードとセットといいたらまず最初にマウスが挙げられますよね!

RAZER社はあらゆるゲーミングデバイスを生産しているため、もちろんマウスも豊富に揃っています。

こちらも現在販売中のものは限られますが、発売中で求めやすいものだけをまとめた記事を用意したので目を通してみてください!

こんにちは、TSです!ゲーミングマウスを探しているけれど、どれが良いか迷う方は多いと思います。特にメーカーによってデザインや仕様も異なり、好き嫌いが分かれるポイントだと言えます。そんな中でも今回はゲーミングデバイスを取り扱うメーカーの中でも高級感が...

カズ
カズ
もちろん、これらのマウスも全部触ったことがあるよ♪

ヘッドセット

RAZER KRAKEN 7.1 V2

特にFPSをプレイする場合、ヘッドセットの存在も欠かせません。7.1chサラウンドを搭載したRAZER Kraken 7.1 v2などは実際に敵がどの距離にどの方向から迫っているかなども音で拾えるため、こういったデバイスを所持しているかどうかも勝負の明暗を分けると言えます。

左手用デバイス

左手専用の入力デバイスを好んで用意するユーザさんも結構います。

左手デバイスは方向キーと20キーほどのカスタム可能なキーがついており、キーボードやマウスに手を伸ばすのが面倒な時や左手で操作したい(左利きの方など)場合にかゆいところに手が届きます

以下のページでいろいろ紹介していますが、こちらもRAZER社のTARTARUS v2ORBWEAVER CHROMAの2択だと思っています。

お得にお買い物をしよう♪

可能な限り製品の魅力を極力お伝えしてきました。

もし購入したいと思われた場合、可能であれば極力安く購入したいですよね?

そんな方に向けて最後に、安く購入するための手法をいくつか紹介します。

プライム会員

プライム会員ではprimeのマークがある商品であれば送料無料で購入できます。

送料無料は馬鹿にできなく、年間10回程利用する方であれば、年会費の5,000円弱をさらっと回収できてしまいます。

もしまだプライム会員に入っていない方で、結構amazonで買い物をする方はこれを機に会員になってみるのも良いのではないでしょうか!

プライム会員であれば何回でも送料無料になるだけでなく、ビデオが見放題だったり書籍が買えたりとお得な特典が沢山あります。

また、最初の30日間はお試し期間で無料なのでその間だけ利用して気に入らなかったら退会することで年会費も発生しません。


筆者も数年前からずっとお世話になっていて、唯一年会費を払っても満足できるような制度だと思っているので気になる方は是非試してみてください!

クーポンの活用

amazonでは時期や条件を満たせばクーポンを使えることもあり、クーポンの中には15%OFFや1,000円OFFと言った破格なものもあるので見逃さないようにしましょう。

使い方は価格の下に現れるチェックボックスをクリックし、チェックを入れるだけの簡単なお仕事で利用できます。

カードでお得に!

楽天で購入する場合は楽天カードを契約することでポイントが多くもらえたり割引が適応されたりします。

筆者も最近諸事情で楽天カードを登録したのですが、今まで溜まりづらかったポイントが一気に貯まるようになり、本を買ったりガソリンを入れたりとネットショッピング以外でも至る所でポイントが貯まりやすくなったのでお勧めします!

RAZERのおすすめキーボードまとめ

今回はRAZER社限定で、現在取り扱いが多いキーボードをまとめて紹介させていただきました!

どれも実機を触ったことがあり、性能も見た目もかっこいいものが多いので迷うことと思われますが、用途や好みで選んでいきましょう!

ラク
ラク
打鍵音は特に違いが出るから、それぞれのレビューページから飛んで聞いてみてくれよな!

スポンサーリンク